貿易事務編 Bさんの例

電話応対Bさんは学生時代に一度海外に留学し、社会人になった後にも会社を辞め再度留学を経験しました。

そして現在とある日本の海運会社で貿易事務業務を担当しています。

当初Bさんが貿易事務を選んだのは、派遣会社からの紹介でした。

当時Bさんは留学から帰ってきたばかりで、アピール出来る事は英語だけ
社会人経験も2年かそこらで、事務スキルもある程度といったところでした。

Bさんは最初、仕事を探すにあたって、正社員で英語を使用する事務職求人をあたっていました。
しかし、なかなか自分の英語レベルに合うような仕事がみつかりませんでした。
どれも求められる英語力が高く、ビジネスレベルでの実務経験が必要とされており、実務経験がないと書類選考も通りませんでした。

貿易事務4ある友人から「派遣社員からスタートして実務経験を積んでみれば?」とアドバイスをもらいましたが、いまいち派遣社員として働くことにイメージが持てず、そもそも派遣求人こそどれも英語力が求められるのでは?と思っていました。

そんな半信半疑の中、友人に勧められた派遣会社へ登録してみました。

派遣会社から貿易事務の仕事を紹介してもらいましたが、貿易事務といっても英語を使う可能性が高いことくらいしか知らず、業務内容を聞いていると貿易業務の経験が無い自分が本当にできるのだろうかと心配になりました。

しかし派遣会社の担当者の方はしっかりと会社側のニーズをヒアリングしており、貿易実務の経験がなくてもチャレンジできると推してくれました。

その結果、派遣会社はBさんに貿易事務を推薦し、現在の職に就くことができました。

 

なぜ貿易事務未経験のBさんがこの仕事に推薦されたのでしょうか?

 

貿易事務2貿易事務は貿易知識や経理処理、営業アシスタント能力など、様々な必要スキルがあるものの、これらのスキルは仕事を実際にしながら十分身に付ける事の出来るもので、派遣先の企業側もそこは教育しようと考えていました。
それに比べて英語は今すぐ身に付けられるスキルではないため、「英語を話せる」事がまず第一に求められていました。
Bさんはその派遣先の会社で一番に求められていた「英語力」をもっており、貿易事務そのものの経験は優先順位として低かった為この仕事に推薦されました。

その他のストーリーを見る

  • 英文事務5英文事務編

    Aさん:女性 留学経験1年
    就職活動時:22歳(社会人経験無し)

     


  • 海外営業海外営業編

    Cさん:男性 留学経験3年
    就職活動時:29歳(社会人経験5年)

     


  • SESE/PG編

    Dさん:男性 留学経験2年
    就職活動時:25歳(社会人経験無し)

     


  • Picture5外貨両替業務編

    Eさん:女性 留学経験5年
    就職活動時:28歳(アルバイト5年)

     


シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.