シドニー学校一覧

William Blue College of Hospitality Management

オーストラリア国内のホスピタリティー産業は年々発展の傾向にあり、ホテル、レストラン、カフェ等に従事している人口がとても多く、この学校はレベルの高い教育が高く評価され様々なホテル協会から認定を受けています。
ホスピタリティ分野の就職率が高く、卒業生の就職率は100%です。William Blue卒業生の100%の学生が卒業後3ヶ月以内にホスピタリティ分野の職業に就いています。学内に実習用レストランがあり、1年次より授業の一環として実際に一般のお客様を対象にサービスについて実践的に学ぶことができます。Advanced Diplomaコースの最終段階には26週間、Bachelorコースには12週間の有給インターンシップがカリキュラムの一貫として含まれており、5スターホテルなどで経験を積むことが可能です。

The Hills Grammar School

The Hills Grammar Schoolの特徴はなんといっても課外活動の数です。授業開始前と放課後にできる課外活動はサッカー、バスケットボール、演劇を含めた約60以上の細かい分野の活動から選ぶことができます。その中でもThe Hills Grammar Schoolは芸術活動に積極的に力を入れていて演劇と音楽の課外活動は特に細かく役割ごとに分けられています。その他にも学校のスポーツチームは地域大会に参加するなど本格的に活動をしています。

Sydney Institute TAFE English Centre (SITEC)

SITECは、授業や教師陣の質が高いことでシドニー指折りの学校として有名です。SITECで学ぶ学生の大半はTAFE進学者や大学進学者となっております。また、コースを規定の成績で卒業しますとIELTS免除でTAFEや大学への進学が可能となりますので、留学生には大変魅力的なプログラムとなっています。

Sydney English Language Academy (SELA)

Sydney English Language Academy (SELA)は一般英語コースのみになります。レベルは初級から5段階あり、2時間・2時間・1時間の構成になっています。最後の1時間は選択授業となっており、初級レベルではスピーキングや文法など、中上級クラスではIELTSやビジネス英語の勉強を選択することができます。また、SELAのコースでIntermediate(中級)以上の学生は同じ建物内にありますSydney Business & Travel Academy (SBTA)、職業訓練コースへの入学が可能となります。国籍バランスも良く、日本人率も5%と低い割合になっています。トライアルも随時行っておりますので(予約要)、気になる方はまずトライアルを受けて実際の授業の雰囲気をみるのも良いです。

Sydney English Academy (SEA)

元大学教師のご夫婦が経営しており、大学進学を目指す方やケンブリッジ試験対策コースに力を入れています。 大学進学コースがないにも関わらず、ケンブリッジまたは一般英語コースの一定基準を満たすとTAFE(職業訓練専門学校)へ進学する事ができます。

しっかりと集中して学習できる一方で、英語+サーフィンレッスン、英語+ダイビングといったコースも開講しており、SEAで授業を受けた後にビーチ沿いの各スクールで現地の人に交じって趣味を磨く事ができます。特にヨーロッパの学生はサーフィンなどのマリンスポーツを楽しみにマンリーの語学学校を選んだりもするため、年間を通して半数近い学生がヨーロッパ出身です。

1 / 1512345...10...最後 »

シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.