キャリアを考える為の準備

change2留学帰国者の厳しい就職状況を乗り越えるため、留学前から準備することが非常に重要です。
渡航前から留学する目的をしっかり持つことで、現地に着いてからの行動過ごす時間充実度意味が変わってきます。

これまでの留学経験者の一般的な行動パターンとこれから求められる行動パターンを比較してみましょう。

具体的なイメージ

一般的な行動パターン

現地到着後、大多数が6ヶ月で現地の生活に慣れる傾向があります。
つまり最初の6ヶ月間は他のことに目を向けられない程、現地での生活に必死になります。
そして余裕が出てくると違うことに目が向き始めます。

例えば1年のワーキングホリデーの学生が、残り6ヶ月未満になって帰国後の就職について考えだす傾向が多いのが現実です。

渡航前イメージ-3
残り3ヶ月未満でできることは限られていますので、再度学校に通ったり、慌ててインターンシップに申し込んだり、日本に帰る前に一時的に英語学習の為に別の国を経由して帰国したりする方もいらっしゃるのが現状です。
そういった方々からは「もっと早くから動けばよかった」「改めて英語の勉強をしなければ」などの声をよく聞きます。

これから必要な行動パターン

これから必要となる動きは下記のような動きです。

渡航前イメージ-4
一般的な行動パターンと比較して何が必要かというと1点だけです。
将来の目標や帰国後を具体的にイメージする
またこれにより、必然的に6ヶ月目後以降の生活が変わってきます。
帰国後のイメージができている為、目標に向かう日々を送る

シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.