フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

ワーホリ

ワーホリ

オーストラリアのワーキングホリデーとは

オーストラリアの自然イメージ
オーストラリアのワーキングホリデーでは、オーストラリアに1年間滞在することができます。滞在中は学校に通ったり、アルバイトをしたり、観光をしたりと様々なことが可能です。また、一定の条件を満たすとセカンドワーキングホリデービザが取得でき、滞在期間がさらに1年間延長できます。ワーホリは、費用を抑えつつ、長期の海外生活をしたい方にとって非常に魅力のある留学方法になります。

ワーホリでできること

語学学校や専門学校で勉強

最長17週間の就学が可能です。学校は滞在期間中のどのタイミングで行っても構いません。また、就学期間中に学校やコースを変更したり、合計の就学期間が17週以下であれば就学期間を分けることもできます。

アルバイト

雇用主1社に対し、最長6カ月の就労が認められています。就労期間は雇用主を基準に定められているので、雇用主が異なれば(仕事先が変われば)6カ月以上働くこともできます。また、1週間の就労時間に制限はありませんので、アルバイトの兼業も可能です。

インターンシップ

近年人気なプログラムが語学とインターンシップの組み合わせです。インターンシップは無給のものと有給のものがあり、一般的に日系企業は無給、ローカル企業は有給のものが多いです。インターンシップでは、仕事のスキルはもちろん、実践的な英語が身に着けられますが、多くの場合一定の英語力が必要となります。

ボランティア

オーストラリアには自然環境の保護や移民の支援などといった多数のボランティアプログラムがあります。ボランティアでは、その国の問題や現状を肌で感じることができます。また、お給料が発生しない分、インターンシップやアルバイトと比較すると応募の敷居は低くなります。

観光

ワーホリでは自由に使える時間が多いので、観光も満喫できます。オーストラリアは貴重な自然の宝庫。アルバイトで資金をためて、様々な場所へ足を運んだり現地の人と交流したりしてみましょう!

その国の文化や暮らしを体験

上記のように、ワーホリ中はいろいろなことができますので、滞在する国の文化や暮らしをしっかり体験することができます。滞在中にホームステイをする方は、海外のご家庭の暮らしも経験できます。

オーストラリアのワーホリビザとは

ビザのイメージ
最長1年間の滞在が認められるビザです。滞在期間中は最長17週間の就学と、1雇用主のもとで最長6カ月の就労が認められています。(ちなみに、カナダのワーホリビザの有効期限は1年間、イギリスのYMSは2年間です)

ワーホリビザは18歳以上30歳以下で、過去にワーホリビザを取得したことが無い人が申請できます。(申請時に30歳であれば、入国の際に31歳になっていても大丈夫です)申請はオーストラリア国外からのみ行うことができ、オンラインで手続きを行います。申請費用はクレジットカードでのみ支払うことができます。(ご本人名義のカードでなくても大丈夫です)ビザは、問題が無ければ申請してから15日以内程度で発給されます。

また、ワーホリ期間中にオーストラリア政府の指定する地域で3カ月以上の季節労働(ファームで働くこと)をした場合は、セカンドワーキングホリデービザを申請することができます。申請者の条件は、ワーホリビザ同様18歳以上30歳以下になりますが、こちらはオーストラリア国内からでも申請が可能です。ビザの発給には4週間程度かかります。 ※ビザの申請条件は頻繁に変更されます。申請時は最新の情報を必ず確認してください。

ワーホリでできる仕事とは

日本食レストラン(ジャパレス)でのキッチン、ホール

日本食店のキッチン
留学生の間で最もメジャーな仕事です。オーストラリアの主要な都市であれば、たいてい見つけることができます。採用率も高いです。特に高い英語力は求められませんが、時給は低くなる傾向にあります。

RSA詳細ページへのバナー

ローカルの飲食店でのウェイター、ウェイトレス

ローカルのカフェでのアルバイト
時給は高くなりますが、ある程度の英語力が必要です。また、採用率もジャパレスと比較すると低くなります。カフェで働きたい方は、語学学校などで実施されているバリスタコースでコーヒーの淹れ方と接客英語を学ぶのがおすすめです。

ファームでのピッキング、パッキング

ファームの風景
ワーホリでは最もメジャーな仕事の一つです。農作物の収穫や箱詰めの作業を行います。セカンドワーホリの申請条件になっていますが、中には劣悪な条件で労働をさせたり、ビザ申請時に必要な書類を発行してくれなかったりと悪質なファームもあるので注意が必要です。

ツアーガイド

旅行のイメージ
観光業が盛んな地域で探すことができます。ガイドの種類は様々ですが、例えばシドニーの場合ですとディナークルーズのアシスタントなどがあります。

ホテルインターンシップ

ホテルインターンのイメージ
リゾート地のホテルに住み込みで働くことができます。滞在先と食事がついてくるので、滞在費を節約しつつお給料ももらうことができます。こちらは学校やエージェントを通して手配することも可能ですが、その場合は手配料がかかります。

日本語教員アシスタント

日本語教師インターンイメージ
オーストラリアは選択科目で日本語を教えている国です。アシスタントは学校で行われている日本語の授業のサポートをすることができます。手配は現地のエージェントを通すのが一般的ですが、10万円程度の手数料が発生します。

各種インターンシップ、ボランティア

学校がプログラムの一環として手配してくれるものや、一般で募集されているものがあります。インターンシップに関しては、多くの場合一定の英語力が必要です。また、一般で募集がかかっているものは地元の学生に向けられており、募集要項でその仕事に関連する学位が求められているものもあります。

その他

ローカルジョブイメージ
ベビーシッター、オ・ペア(住み込みの家事手伝い)、ローカルの会社のショップ店員、倉庫整理、美容師、マッサージ師、オフィスワークなど様々な種類の仕事があります。

ワーホリでかかる費用

お金の計算イメージ
オーストラリアは物価が高いことで有名ですが、その分アルバイトのお給料も高くなっています。そのため、仕事に多くの時間を充てられるワーホリでは、費用を抑えた海外生活ができます。 こちらでは、以下の条件でオーストラリアに滞在した場合のおおまかな費用をご紹介します。予算を立てるときの参考にしてみてください。
  • 滞在期間は1年間
  • 格安航空を利用
  • 語学学校に17週間
  • ホームステイに17週間、残りの期間はシェアハウス(ルームシェア)
  • 食事はなるべく自炊する
  • 週1くらいで遊びに出かける
  • スマホは現地で月額30ドルのsimカードを購入
  • アルバイトを9カ月(お給料は時給1,400円)、週5で1日6時間勤務
支出
  • ワーホリビザ申請費用:約38,000円
  • 語学学校費用:約480,000円
  • 海外旅行保険費用:約240,000円
  • 航空券費用:約70,000円
  • ホームステイ費用:約348,000円
  • シェアハウスの家賃(初期費用含む):約646,000円
  • 食費:約126,000円
  • レジャー費:約204,000円
  • 交通費:約104,400円
  • 通信費:約31,200円
  • その他日用品、消耗品費用:36,000円
支出合計:2,323,600円
収入
  • アルバイトお給料:約1,285,200円
※合計1,512,000円から所得税15%を引いた分
収入合計:1,285,200円
収支合計
2,323,600円-1,285,200円=1,038,400円

シドニーでワーホリをするメリット

シドニーの風景
シドニーはオーストラリア最大の都市。そのため、学校もアルバイト先も他の都市と比べて非常に多くあります。

ワーホリで学校に通う場合、4カ月以下という短期間で英語力を上げる必要があるため、質の良い学校に通うことが望ましいです。シドニーにはそのような有名校が数多くありますので、学校選びには困りません。また、学校に通っている間から費用を抑えたいという方は夜間コースがおすすめですが、シドニーには時間割が選べる学校も多数あります。

アルバイトに関しては日本食レストランが非常に多くあるため、仕事探しに困ることはそれほどありません。インターンシップやボランティアの機会も多くあります。特にボランティアは、日本人に関わらず多くの移民の方が英語力向上のためにチャレンジしていますので、英語力を高めたいという目的での参加でも受け入れられやすいです。

生活に関しては、比較的治安が良いので安心です。また、オーストラリアは海外留学先として非常に有名なので、世界中の人々に出会うことができます。

ワーホリのモデルケース

1~4カ月目
海外生活の基盤を作ろう!
まずはしっかり英語を習得
オーストラリア英語イメージ
ワーホリを開始したばかりの時期は不安が多いでしょう。そこでまずは、海外生活を快適に・安心して楽しむためにしっかりと英語を学びましょう。真剣に勉強すれば、3カ月ほどで日常のコミュニケーションができるくらいの自信がつけられるはずです。

英語力が高いと、日常生活で不便をしないだけでなく、インターンシップやアルバイトで好条件の場所へ行けるというメリットもあります。ワーホリ成功の鍵は、初期にちゃんと英語を身に着けられるかにかかっています。
人間関係も作っておこう
友達とパーティーのイメージ
語学学校やアルバイト先で友達を作ることもできます。海外生活ではコネクションが非常に大切です。ここでしっかり人間関係を作っておくと海外生活が寂しくなくなるほか、滞在先探しや仕事探しが友達の紹介によってスムーズになることもあります。
アルバイトを探そう
日本食イメージ
1ヶ月ほど経って生活が落ち着いてきたらバイトを探しましょう。最初はジャパレスなど敷居の低い仕事から始めてみるのが良いでしょう。ローカル企業でのバイトへキャリアアップするのは、ある程度現地の様子が分かって、英語力もついてからがお勧めです。
シェアハウスを探そう
シェアハウスイメージ
こちらも、ある程度生活が慣れてきたところで初めてみましょう。ホームステイはシェアよりもお金がかかります。費用を抑えたい方は「自分で生活できる」と思ったところでシェアに切り替えるのがお勧めです。
5~10カ月目
仕事と遊びを両立しよう!
仕事に没頭しよう
ジャパレスでの仕事
学校も終わり、英語力もある程度つき、現地生活に慣れてきたころです。ここからは現地での仕事に没頭し、ワーホリならではの体験をしましょう。アルバイトはお金を稼げるだけでなく、現地での知り合いを作れたり、生きた英語を実践的に学べたりとメリットが多くあります。また、ファームへ行きたい方はそのための資金を準備する必要もあります。
ファームを探そう&ファームへ行こう
ファームのイメージ
セカンドワーホリを目指す方は、早いうちからファームの情報を集めましょう。3カ月働けばいいのだから、最後の方でも大丈夫と思ったら大間違いです。ファームでは、農作物の状態によっては仕事がもらえない場合があります。その期間は労働していたとカウントされませんので、ファームでの労働期間は多めに見積もっておくことが大切です。また、しっかり情報収集をして悪質なファームへは行かないようにしましょう。
海外生活を満喫
離島の動物・クオッカ
せっかく海外にいるので、休みの日にはその国でしかできないアクティビティも経験しましょう。オーストラリアは素晴らしい自然に溢れており、街から少し離れるだけで世界遺産の国立公園や美しいビーチを満喫できます。また、離島へ野生の動物を見に行ったり、マリンスポーツなどをして思いっきりリゾート気分を味わうのがお勧めです。
11~12ヶ月目
ワーホリを遊びつくそう&次のプランを考えよう
オーストラリア大陸をめぐる
オーストラリアマップ
一つの都市にとどまっていては、オーストラリアを満喫したとは言えません。せっかくですので、色々なエリアを巡ってみましょう。オーストラリア大陸は広いので交通費が高くなりますが、格安航空や夜行バスを利用すると節約できます。
ファームのラストスパート
ファームのイメージ
セカンドワーホリを取る方はとにかく申請条件を満たせるように働きましょう。また、ビザの申請に必要な書類の準備や情報収集も早めに行いましょう
帰国後の事を考える
進路・キャリアアップのイメージ
セカンドを取らずに帰国する方は、日本でのその後を考えましょう。大学に戻る方も仕事に戻る方も、ご自身のキャリアにオーストラリアでのワーホリがどのように活かせるのかを考えてみてください。

オーストラリア・シドニーのワーホリでおすすめな学校

ワーホリの学生は短期間で海外生活で必要な英語力を鍛えなければならないため、しっかりとした一般英語が学べる学校がおすすめです。また、近年ワーホリの学生に人気のコースは語学+インターンシップです。語学学校で英語を鍛えた後、実践の場でさらに英語力を上げることができます。

目的別に学校を探すINTRODUCTION

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン