フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリアで保育士に【チャイルドケアプログラムとおすすめの学校】Childcare program and schools

チャイルドケアとは

childcare1
赤ちゃんから幼稚園までの子供たちを、施設で一時的に預かりサポートをする業務です。チャイルドケアワーカーはオーストラリアの法の改正により、先生1人につき、子供は最高4人までみることができるようになりましたが、保育園・保育士の需要は毎年高まり続けています。そのため、オーストラリア留学で永住権につながる可能性のあるプログラムとして人気が高いです。
チャイルドケアの仕事の内容は、以下のようなものになります。

  • 子どもの服の着替え
  • 子どものトイレの補助
  • 子どもと一緒に遊ぶ(絵をかいたり、歌ったりする)
  • 同僚の先生に連絡、報告業務
  • 子どもの保護者の方への連絡
このような人におすすめ
  • オーストラリアに長期滞在したい
  • オーストラリアの幼児教育に興味がある/携わりたい
  • 子どもが好き
  • インターナショナルスクール/幼稚園で働きたい
  • 英語プラス資格を取りたい
  • オーストラリアで永住権の取得を考えている
  • 就職活動の際にアピールしたい
  • 日本で教員免許は持っているけれど更に勉強したい
  • 専門職に就きたい

オーストラリアでのチャイルドケアワーカーの需要の高まり

ケアワーカーのイメージ
オーストラリアでは、チャイルドケアの需要が大きく、政府も力を入れています。
オーストラリアでは夫婦で共働きの家庭が多く、子供を預かってくれるチャイルドケアセンターの需要が年々高まっています。これにより、日本と同様にオーストラリアでは保育士が不足しているのです。この傾向は今後も続くと見込まれており、そのためオーストラリア政府は国内だけでなく、海外からもケアワーカーの担い手を集めています。
チャイルドケア・プログラムが留学生にとって永住権に繋がりやすくなっている背景には、このように国を挙げてケアワーカーを確保しようという動きがあるためです。

チャイルドケア・プログラム概要

childcare2
チャイルドケアのプログラムは、近年需要が高まっていることと、理論と教育実習を含めて保育士の資格が取れるため、就職や永住権に結びつく可能性があるというメリットがあります。保育士の資格の一つであるCertificate Ⅲ(サティフィケート3)を取得すれば、保育士としてアシスタント業務が可能となります。また、こちらのポジションは最低賃金以上が保障されています。さらに一段階上のDiploma(ディプロマ)を修了すれば、経験を積んだのちルームリーダーやマネージャに昇格できるチャンスがあります。

Certificate Ⅲ in Early Childhood Educatioin and Care

概要
チャイルドケアアシスタントのイメージ Certificate IIIは国の基準を満たすチャイルドケアセンターなどで働く際に、最低限必須な資格(学位)です。
授業では、0から6歳児までの面倒をみるチャイルドケアワーカーに必要な基礎的な知識・技術を身に付けられます。具体的には子供のケアの仕方や緊急時の応急処置、子供に応じた遊びや教育を計画してサポートする方法などを学びます。プログラム期間中に現地のチャイルドケアセンターでの実習が含まれますので、実践的に学べることが魅力的です。コース修了後には、オーストラリア国内でチャイルドケアワーカーのアシスタントやナニー(ベビーシッター)として働ける資格が得られます。ただし、永住権獲得などを目的に本格的にチャイルドケアの仕事に就きたい方は、1つ上のDiplomaや大学で得られるBachelorといった資格・学位が必要となります。
受講に必要な英語力
IELTS5.5以上
または指定の語学学校の中級以上の英語コースを修了 ※指定の学校はプログラムを受講する学校によって異なります
コース期間
約8ヶ月間 ※学校によって異なります
おおよその学費
約6,000ドル  ※学校によって異なります

Diploma of Early Childfood Education and Care

概要
チャイルドケアリーダーのイメージ DiplomaはCertificate IIIに比べ、人間発達、子供達の成長に合わせた日々のカリキュラム計画等をより詳しく学びます。コース修了後には、ルームリーダーやセンターのチームリーダーやマネージャーとして、チャイルドケアのカリキュラムの作成や現場のスタッフの監督などを行うことができます。Certificate IIIと同様に、プログラムには講義と実習が含まれます。
オーストラリアで将来的にチャイルドケアの仕事に就きたい場合は、このDiplomaが必須と言われており、永住権獲得を目指す方はこちらの学位も視野に入れた留学プランを考える必要があります。
受講に必要な英語力
IELTS5.5以上
または指定の語学学校の中級以上の英語コースを修了 ※指定の学校はプログラムを受講する学校によって異なります
コース期間
約1.5年間 ※学校によって異なります
おおよその学費
約13,000ドル  ※学校によって異なります
Certificate IIIとDiplomaのパッケージプログラム
Diplomaの取得を目指している方におすすめなのが、Certificate IIIとDiplomaのパッケージプログラムです。Certificate IIIとDiplomaにはコア科目が被っているものがありますが、パッケージではそれらをまとめて履修することができるので、費用的にも時間的にも節約できます。

チャイルドケアに必要な英語力に関して

語学のイメージ プログラムの入学条件は、IELTS5.5以上となっているところがほとんどです。
プログラム就学中は規則や法律についても学ぶため高い英語力が必要となります。 また、実際の現場では短時間で同僚の先生や、保護者の方々に連絡、報告(スピーキング/ライティング)ができるレベルの高い英語力とコミュニケーション能力が必要となります。
規定の英語条件を満たしていない場合、入学するには2つの選択肢があります。 ひとつめは、付属/提携の語学学校にて指定の週数を就学することです。これにより、語学学校卒業時にIELTSのスコアが免除されます。もうひとつは、語学学校のIELTS対策コースで入学条件のスコア獲得を目指すことです。

永住権申請への流れ

勉強の風景 需要が高く、永住権に繋がりやすいと言われているチャイルドケアですが、永住権への道のりは決して簡単なものではありません。先に述べたように、現地で本格的にケアワーカとして働くのであれば、Diploma以上の学位が必須です。通常はDiplomaを取ることでコース修了後の卒業生ビザの可能性も現時点では残っておりますので、職務経歴を積まれてからのその際のビザに繋げるという事になります。そして場合によっては、大学での学士号レベルも視野に入れての就学プランも必要になってきます。そして、ビジネスビザで数年のお仕事も含めての永住権獲得への道が見えてくる傾向にあります。
永住権を視野にプログラムを受ける場合は、まずはDiplomaを含む専門コースまで行くことを目標に留学をスタートさせる必要があります。その際はCertificate IIIとDiplomaのパッケージプログラムがおすすめですので、詳しくはお問い合わせください。

よくある質問

就学中に働くことが出来ますか?
はい。オーストラリアの学生ビザは週20時間まで就労が可能です。さらに、個人差はありますが、CertificateⅢの就学中から、アルバイトや単発のチャイルドケアラーの仕事へ就かれる方もいらっしゃいます。
実習がありますか?何時間ありますか?
はい、あります。政府の規定でCertificateⅢ就学中に最短120時間、Diploma就学中に最短240時間の実習がカリキュラムに含まれるよう定められています。
実際にどのくらいのお給料で働けますか?
CertⅢ就学中からA$26/時~、CertⅢ修了後はA$30/時~のお給料で皆さん働いていらっしゃいます。 ※上記の金額は目安です。雇用先・就労形態によって異なります。
チャイルドケアとIELTSに関する情報はこちらもチェック!

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン