フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

キャリアを考える為の準備

カレンダー 留学帰国者の厳しい就職状況を乗り越えるため、留学前から準備することが非常に重要です。渡航前から留学する目的をしっかり持つことで、現地に着いてからの行動、過ごす時間、充実度、意味が変わってきます。
これまでの留学経験者の一般的な行動パターンとこれから求められる行動パターンを比較してみましょう。

具体的なイメージ

一般的な行動パターン

現地到着後、大多数が6ヶ月で現地の生活に慣れる傾向があります。つまり最初の6ヶ月間は他のことに目を向けられない程、現地での生活に必死になります。そして余裕が出てくると違うことに目が向き始めます。例えば1年のワーキングホリデーの学生が、残り6ヶ月未満になって帰国後の就職について考えだす傾向が多いのが現実です。
留学相談
行き先、ビザ、宿泊先、学校などの決定
海外へ
航空券や保険なども加入完了し、実際に現地に赴く
海外生活初~中期
1ヶ月め:学校と家との往復
2~4ヶ月め:友達ができ始める
5~6ヶ月め:海外生活に慣れ始める
海外生活中期~
7ヶ月目~:学校やバイトなどで忙しくも楽しく過ごすが、帰国後に何ができるのかわからなくて焦りだす
残り3ヶ月未満でできることは限られていますので、再度学校に通ったり、慌ててインターンシップに申し込んだり、日本に帰る前に一時的に英語学習の為に別の国を経由して帰国したりする方もいらっしゃるのが現状です。
そういった方々からは「もっと早くから動けばよかった」「改めて英語の勉強をしなければ」などの声をよく聞きます。

これから必要な行動パターン

これから必要となる動きは下記のような動きです。
留学と帰国後の相談
行き先、ビザ、宿泊先、学校などを詳細の目標や帰国後を具体的にイメージしたうえで決定
海外へ
航空券や保険などもかにゅ完了し、実際に現地に赴く
海外生活初~中期
1ヶ月め:学校と家との往復
2~4ヶ月め:友達ができ始める
5~6ヶ月め:海外生活に慣れ始める
海外生活中期~
7ヶ月目~:学校やバイトなど目標を見据えた生活で忙しくとも楽しく過ごし、帰国後のために準備が進んでいる

一般的な行動パターンと比較して何が必要かというと将来の目標や帰国後を具体的にイメージすることです。帰国後のイメージができている為、目標に向かう日々を送ることができます。これにより、必然的に6ヶ月目後以降の生活が変わってきます。
こちらのページを読んだ方は、以下のページもご覧ください

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン