フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

サード・ワーキングホリデーThird Working Holiday

サード・ワーキングホリデーとは?

fruitsfarm オーストラリアのワーキングホリデー(subclass 417)は、2005年11月1日以降、最初の1年目に政府指定の地域で3か月間以上の季節労働(ファーム仕事など)をする事で2回目のワーキングホリデーを取得する事ができるようになっています。そ・し・て、2018年11月5日にオーストラリア政府から「サードワーキングホリデービザ発給決定」が発表されました。これにより、ワーキングホリデービザを用いることにより、オーストラリアに最大3年間の滞在が可能となります。

季節労働とは?

それでは、季節労働の仕事内容を見ていきましょう!
様々な仕事がありますが、多くの日本人はフルーツや野菜の収穫をする方がほとんどだと思います。
  • フルーツや野菜の収穫や梱包
  • 木々の伐採やトリミング
  • 穀物の栽培と収穫
  • 食肉解体や加工
  • 建設業
  • 炭鉱業

サードワーキングホリデービザ発給の背景は?

現在オーストラリアでは、季節労働者が少ないという問題があります。そのため、多くの人材確保に注力してほしいと農業団体から要請があり今回サードワーキングホリデービザの発給が決まりました。

押さえておきたいポイント

2019年7月1日より、セカンドワーキングホリデービザ期間中に季節労働を6か月以上行うことが取得条件
2018年11月5日より、季節労働職種に関しては、同一雇用主の下で12か月まで就労が可能

(オーストラリア政府よりワーキングホリデービザに関する変更点も確認してみてください)

サードワーキングホリデービザ申請時に31歳未満であること
具体的な情報は政府から発表後に随時更新をしていきます。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン