フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリアのワーホリビザWorking Holiday visa

ワーホリビザでできること

ワーホリのイメージ
ワーキングホリデービザ(Subclass 417)では長期滞在が可能なほか、英語や専門科目を学ぶための就学、アルバイトやファームなどの季節労働といった就労、そしてもちろん観光も可能です。滞在中は自由に行動できることが魅力ですが、それぞれルールがありますのでご確認ください。

滞在期間の規定

ワーキングホリデービザで入国してから最長12か月(1年間)の滞在が許可されています。ビザが有効であれば、何度でも出国・再入国ができます。 ビザの有効期間中に出国しても、離れていた期間分だけビザが延長されることはありません。 特定の条件をクリアすると、滞在を最長12か月延長することが出来ます。詳しくはセカンドワーキングホリデービザのページをご覧ください。

就学に関する規定

最長4か月(17週間)、語学学校や専門学校に通ったり、トレーニング(研修)したりできます。

就労に関する規定

ワーキングホリデーとして滞在中の生活資金を調達するために、同一雇用主のもとで最長6か月働くことが認められています。 フルタイム、パートタイム、ボランティア、自営業、職業研修、シフト制など、形態は問いません。

ワーホリビザの申請条件

ビザのイメージ
ワーホリビザを申請する際は、申請者が以下の条件を満たしている必要があります。
セカンド・ワーキングホリデーサード・ワーキングホリデー申請条件とは異なりますのでご注意ください。

年齢
申請受理時点の年齢が18歳以上30歳以下であること (出発時の年齢ではありません)
場所
申請時または申請受理時にオーストラリア国内にいないこと
目的
オーストラリアで余暇を楽しむことが主な目的であること
資金/航空券
滞在期間に生計を維持するために必要な資金を所持すること 復路航空券を所持している、または購入できる資金を持っていること (目安5000豪ドル。資金証明は必要ありません。)
過去渡航歴
過去にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得し、渡豪していないこと
出国
ビザ発行日から12か月以内に入国できること
その他
  • 日本国籍を有してること
  • 滞在中、子供を同伴しないこと
  • 心身ともに健康であること

ワーホリビザ申請に必要なもの

パスポート
インターネット上でビザ申請を行う場合、以下のものが必要になります。申請を開始する前に、必ずご用意ください。

パスポート
滞在予定期間を満たす残存期間があることが好ましいです。 eVisaの情報はパスポート番号に基づいて管理されているため、滞在期間中にパスポートを更新すると、オーストラリア移民局に変更内容を申告しなければなりません。 可能な限り、事前に更新することをお勧めします。
パスポート更新に関しては、最寄りのパスポートセンターまでお問い合わせ下さい。
PCメールアドレス
移民局との連絡は申請中に希望した方法(メール・FAX・郵送から選択)にて行われますが、メールでのやりとりがスムーズです。 連絡方法をメールに設定した場合、ビザの結果通知が、Eメールに送られてきます。
申請料
450豪ドル(2018年10月現在)
※支払はクレジットカード払いのみで、以下のカードが使えます
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • International American Express

ワーホリビザの申請方法

責任範囲について

下記の「ワーホリビザ申請マニュアル」を見てご自身で何かしらの判断をし、結果として問題が発生してしまった場合にも、当センターではその責任を負いかねます。当センターをご利用いただいているお客様で、ビザ申請に関してご質問・ご不明な点がございましたら、担当カウンセラーまでご遠慮無くご相談ください。
ご自身でビザ申請を行われる場合は最終的な判断は、お客様の責任の範囲内でご決断下さいますようお願い致します。

またビザ申請フォームは度々内容を変更される事が予想されます。 申請前に必ず大使館ホームページでもご確認ください。シドニー留学センターはビザ申請に関して掲示された情報の責任を負いかねますので予めご了承ください。

英文翻訳に関しましては、簡易的な翻訳です。記載文書の正確な内容把握や更なる詳細の翻訳を必要とされる場合は、翻訳専門事務所にご相談下さい。

申請手段

パソコン
オンライン(電子ビザ、eVisa)申請と書面の郵送申請が可能で、特別な場合を除きオンライン申請で行います。下記「ワーホリビザ申請マニュアル」では、オンラインでの申請方法に関してご説明しています。

ワーホリビザ申請マニュアル

ImmiAccountの作成
オーストラリア移民局のオンラインサービス・ImmiAccountにアカウントを登録します。ImmiAccountにログインすると、各種ビザのオンライン申請やビザ・ステータスを確認できるようになります(ETAと市民権申請を除く)。

※ユーザーネームやパスワードといったログイン情報は、今後も使用しますので必ずメモをしておきましょう
※ImmiAccountへは下記リンクからアクセスできます
https://online.immi.gov.au/lusc/login

移民局HPへアクセス
wh3_lifeinaus copy
オーストラリア移民局のHPへアクセスします。右のような画面が表示されますので、画像右下の「Start first Working Holiday visa application」ボタンをクリックし、申請を開始します。
オンラインシステム利用条件確認
wh2_termsandcondition copy
「View Terms and Conditions regarding this application」ボタンをクリックし、オンラインシステムの利用条件を確認します。
最後まで目を通したら「I have read and agree the terms and conditions」ボタンをクリックします。
オーストラリアの生活について
wh3_lifeinaus copy
最後まで目を通したら 「Next」ボタンをクリック。
個人情報入力
wh4_personaldetail copy ①苗字(姓)
 ※パスポート通りのローマ字で記載
②名前
 ※パスポート通りのローマ字で記載
③性別
④生年月日
⑤婚姻関係
⑥出生地(市区町村)
⑦出生地(国名)
⑧主な居住国(国名)
⑨パスポート番号
⑩パスポートの発行国
⑪パスポート保持者の国籍
⑫パスポートの発行日
⑬パスポートの有効期限日
⑭現在保持するパスポートの申請場所
⑮Visa grant number をお持ちの方は記入

⑯現在(または過去に)オーストラリアのビザを保有している(いた)方はビザナンバーを記入

⑰過去12ヶ月以内にオーストラリアビザのために健康診断を受けましたか?

⑱オーストラリア入国予定日はいつですか?

⑲扶養義務のある子どもはいますか?

⑳他に使用している名前がありますか?

㉑パスポートに記載の国籍以外に、市民権を保持している国はありますか?

㉒今までにWork and Holiday visa(Subclass 462)の発給を受けオーストラリアに渡航したことがありますか?

記入内容を確認し、「Next」ボタンをクリック。
内容確認
wh5_confirmation copy①上記の内容は正しいですか?

記入内容を確認し「Next」ボタンをクリック。
個人情報入力・続き
個人情報入力・続き
居住地詳細
居住地詳細
郵送先住所
郵送先住所
健康状態確認
※すべての入力項目において該当するものを選択してください
健康状態確認
資格

Yesと答えた場合は、すべて詳細を記入してください。

あなたは今までに…
①国を問わず、既に正式な記録に残っていないもの含み、罪を犯したことがありますか?

②何らかの告訴を受け現在訴訟を待っていますか?

③精神病、精神異常または精神薄弱を理由に無罪判決を受けたことはありますか?

④オーストラリアを含むいずれかの国から国外退去処分を受けたことがありますか?

⑤オーストラリアやその他の国でビザ申請が却下されたことがありますか?

⑥いずれかの国から国外退去処分を避ける為に自主出国をしたことがありますか?

⑦オーストラリアを含むいずれかの国から国外退去を求められたことがありますか?

⑧人権に関する犯罪及び戦争犯罪に関わったことがありますか?

⑨オーストラリア国家の安全を脅かす活動に関わったことがありますか?

⑩オーストラリア政府ならびに公共機関に対する未払いの負債がありますか?

⑪オーストラリアを含むいずれかの国で、違法な活動や組織に関連する行動を行ったことはありますか?

⑫軍隊や、公的又は私的な市民軍で任務についたり、軍事的又は準軍事組織的訓練を受けたり、武器・弾薬使用の訓練を受けたことがありますか?

確認し「Next」ボタンをクリック。
宣誓
①私はビザ申請をするにあたり、与えられた条件を読み、理解し、それに従うこと求められていることを認識しています。

②私は日本に居住し、日本から申請していることを保証します。

③私はひとつの雇用主のもとで6ヶ月以上就労できないことを理解しています。

④私は4ヶ月以上の就学・研修ができないことを理解しています。

⑤私はオーストラリアへの出入国及び滞在費として十分な資金を用意しています。

⑥就労はあくまで休暇に付随するものであり、就労目的は休暇の諸費用を賄うためであることを理解しています。

⑦私はワーキングホリデービザを申請するのは初めてで、これまで同ビザでオーストラリアへ入国したことがない。(いかなる国のパスポートであっても)

⑧私はオーストラリア滞在中、申請書のはじめにあった同国の価値観を尊重し、法律に従います。

⑨私は本申請書に記入した内容並びに本申請書に添付した事柄がすべて事実に相違ないことを宣誓します。

⑩もしビザが発給された後、申請内容に変更があった場合にはオーストラリア政府に通知します。

再度内容を確認し、「Next」ボタンをクリック。
入力内容確認
全ての入力内容に間違いがなければ、「Next」ボタンをクリック。
支払い
①クレジットカード番号(ハイフンなし)
②クレジットカードの有効期限 (月/年)
③レジットカード保持者名
④セキュリティーコード

ワーホリビザ取得までの時間

カレンダー
ビザ発給までの時間は申請方法によって変わります。また、ビザ申請後に健康診断の受診や追加書類の提出が求められた場合、最長4~6週間ほど要します。渡航希望日から余裕をもって早めの申請を行いましょう。

※健康診断は指定の病院で受診します。病院の場所や連絡先はオーストラリア大使館指定病院リストをご覧ください

オンライン申請 郵送申請
1~15日以内
※2018年10月現在
約1か月程度
※2018年10月現在

健康診断と医療保険について

申請にあたって健康診断は必要ですか?
他国への渡航歴や国籍によって、健康診断結果の提出を求められる場合があります。 詳しくは”健康診断について”のページをご覧ください。
医療保険は加入しなければなりませんか?
医療保険の加入は義務ではありませんが、医療費の大部分が自己負担となりますので保険に加入されることを強くお勧めします。
海外旅行保険の重要性についてはこちら

申請内容に変更が生じた場合

申請中や申請後に、内容に変更があった場合、速やかに届け出る必要があります。 詳しくはこちらをご覧下さい。
(例)新しいパスポートを取得した、妊娠した、引っ越した 等
安心のビザ申請代行サポート
シドニー留学センターでは、学校をお申し込みのお客様のビザ申請手続きをサポートしております。
初めてで申請の流れがよくわからない、英語力が不安、トラブルの際に対処できないかもしれない…そのような方はシドニー留学センターまでご相談ください。お客様のワーキング・ホリデーを最初から最後までお手伝いさせていただきます!

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン