フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

シドニー留学コラムSydney Column

シドニーのカフェをもっと楽しむ!意外と知らないまめ知識

シドニーの生活 2017.07.07

こんにちはのイメージ こんにちは!
Sydneyにきてびっくりしたことの一つに、「カフェの多さ」が多くの人はランクインすることでしょう。スターバックスが撤退を余儀なくされた国であるというから地元カフェの強さたるやすごいものです。確かに滅多に見かけないスターバックス。それもそのはず、カフェの横にカフェ、さらに一件飛んでカフェ、なんて景色はザラなこの国。私が以前住んでいたカナダもカフェ大国として知られていますが、なかなか手強い国、オーストラリア。(ちなみにカナダは三大カフェとして、スターバックス、ティムホートン、セカンドカップが知られており同国にも所狭しとカフェが並んでいました。スタバの向かいにスタバなんて光景もそう珍しくないです。)
それはさておき!今回はそんなカフェ大国の国オーストラリアはシドニーのカフェ情報を日本時々カナダと比較してご紹介したいと思います!

カフェオレとカフェラテの違い

ラテアート まず、問題です。
カフェオレ、カフェラテ、、カプチーノ、フラットホワイト、マキアート、違いについて説明できますか?実は。。。
カフェオレ ドリップコーヒー+ミルク(オーストラリア、カナダでは見ない)
カフェラテ エスプレッソショット+スチームドミルク
カプチーノ エスプレッソショット+スチームドミルク
フラットホワイト エスプレッソショット+スチームドミルク
マキアート エスプレッソショット+スチームドミルク
そう、まずカフェオレとカフェラテは全く違う!

私筆者日本にて某ドーナツ店で働いていました。店では、コーヒーとカフェオレの二種類を出していたのですが、よく「カフェラテいくつください」と言われました。おそらくどちらも一緒だろうと思われている方が多いんだなと思うきっかけとなった一つの経験です。

さて具体的な違いですが

カフェオレ(フランス語でミルク入りコーヒー)
紙フィルターを通すドリップコーヒー(浅煎りで酸味が多く苦味が少ない豆を使用)。そこに温めた牛乳を注いだものです。

カフェラテ(イタリア語でミルク入りコーヒー)
エスプレッソ(細かく挽いた豆(深煎りで酸味が少なく苦味が多い)に圧力をかけ、短い時間で抽出したカフェインの少ないコーヒーで旨味が凝縮された、キレのある味です。)それに蒸気で温め空気を含みなめらかになったミルクを注いだものです。

カフェオレは今の所日本でしか見たことないです。探せばあるのでしょうが。

じゃあ、他のコーヒーは?

クエスチョンイメージ そして残るコーヒーたちの違いについて「え、全部一緒じゃん」と思った方!そうです。材料自体は一緒です。では何が違うのか、、、、

カフェラテは蒸気で温めたミルクであるのに対し(スチーム:フォーム=約9:1)
カプチーノは蒸気で泡だてたフォームドミルクというものを使用し、(スチーム:フォーム=約5:5)
(こちらの人は省略してよく「カップ」と言います)
マキアート(イタリア語で染みのついたという意味)に至っては、ほとんど泡のみをのせています。

そしてそしてフラットホワイト!こちらが難しい。日本ではほとんど見かけないこちらの飲み物。こちらは上記のものと違い定義は割と曖昧。しかし割とラテには似ているもののミルクはよりきめ細やかにスチームされ、まるでクリームのようにしたものをラテよりも少量使用されているものです。またこちらのフラットホワイト、バリスタの腕が一番問われるものだとかそうでないとか、、つまりカフェラテ、カプチーノ、マキアート、フラットホワイトは材料自体は全く同じ。しかしスチームされたミルクと泡の量、または使用するミルクの割合が違うのです。

またこちらでよく見かけるピッコロというのは小さいカフェラテ。ラテよりも苦味が強いのが特徴です。ちなみにカナダ時代はエスプレッソの上にホイップクリームのみをのせたコンパンナというものも扱っていました。こちらでもあるのか探してみたいと思います。

まとめ

カフェのイメージ いかがでしたでしょうか?
身近でよく聞くのに意外と知らなかったコーヒーのエトセトラ。ここに載せた以外にもコーヒーの豆の煎り具合や原産地などによってもコーヒーの違いは無限に生み出されています。もし興味が出たら色々と調べてみましょう!もっとコーヒーを楽しめること間違いなしです。そして今回の知識でカフェの楽しみ方が増えると嬉しいです。会話のネタにも使えますね◎飲み比べなどもしてみてはいかがでしょうか?

また弊社ではバリスタコースを学べる学校も紹介させていただいています。詳しくはお問い合わせください。

バリスタコースを開講している学校
SELC English Language Centres Bondi
Coffee School Sydney
La Lingua Language School

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン