オーストラリアでの仕事の探し方

ジャパニーズショップ・レストラン

en-menu1現地についてすぐ始められるのがジャパニーズレストラン、略してジャパレスです。現在シドニーにはどこの街にもジャパレスがありますので条件を選ばなければ職が見つからないことはありません。ジャパレスは、オーストラリアに住む日本人向けサイトJams.tvで簡単に探すことができ、応募すれば多くの場合採用されます。知人の紹介で働くケースもあります。しかし、お給料は一般的にオーストラリアの最低賃金$17より低い場合があります。平均$12−15が相場といえます。。このような会社はキャッシュで支払われる事もあります。最低賃金以上が支払われるジャパレスでは高い英語力が必要とされ、ワーホリビザをお持ちの場合は32.5%のタックスがひかれます。しかし、ローカルのお店で働くことは大変難しく高い英語力と経験が必要とされるので、多くの方は最初はジャパレスからスタートします。とにかくお金を稼ぎたい・日本人と知り合いたいのであればキッチンハンド、ジャパレスでも英語力を向上させたいのであればウェイトジョブがおすすめです。居酒屋などお酒を提供するお店の場合はRSAが必要となるので注意しましょう。(RSAの取得はこちらから)

ローカルショップ・レストラン

E1409880981004_3ローカルで働くには最低でもアッパー・インターメディエイト(上級)クラスの英語が必要とされています。が、キッチンハンドであればインターメディエイト(中級)クラスでも働くことが可能です。また、バリスタ(コーヒーメイキングの資格)やRSAなどの資格があればより受かりやすくなります。日本人に人気なのはバリスタコース。コーヒー大国オーストラリアにはカフェが多くあり、バリスタの資格を取ったうえでカフェに沢山resume(履歴書)を配ることによって、採用されることがあると言われています。その後は面接を受け、トライアル(実際にコーヒーを作る)に合格すれば働くことできます。RSAはお酒を提供する資格でバーで働く際には必ず必要となるものですが、バーで働くには2年の経験が必要となり日本人には少し厳しいかもしれません。また、ローカルとはいえ全ての会社が最低賃金以上を支払っているとは限りません。お給料やシフトなど事前にしっかり確認しておきましょう。ローカルジョブに関しては日本人は落ちてる可能性が高いと考えて下さい。根気よく、何か所も回ってレジュメを配ることが大切です。1件目で受かるひともいますが、100件回っても受からない人もいます。これは英語力も関係しますが多くの場合運とタイミングです。なかなか仕事が見つからなくても落ちこむことはありません。Jams.tvにも稀にローカルジョブの募集は載っていますが、GumtreeやFacebookのグループで求人情報を探したり、家の近くの繁華街にレジュメを配りにいくのが主流です。レジュメは人の目を引く公正でいかに自分の強みをアピールできるかが重要になります。レジュメの書き方はこちらから。レジュメのテンプレート等を使い、工夫してレジュメを作りましょう。弊社ではレジュメ作りのサポートも承っております。

ハウスキーピング・チャイルドケア

img_development_01ハウスキーピング・チャイルドケアは基本的に英語力がほとんどなくても応募可能であり、オージーの家族と触れ合いながら仕事ができます。(※家庭でなく仕事場などのクリーナーの場合は個人ででひたすら部屋を掃除する仕事になります)お給料も$17以上貰えるところがほとんどです。が、掃除やベビーシッターは好みが分かれます。特にベビーシッターは赤ちゃんのおむつを替えたり、泣いているのをあやしたりと、慣れてない人には非常に大変な仕事になるかもしれません。また、多くの場合はシフトは固定なので好きな時間に働くことはできません。しかし、子供や掃除・家事が好きな人には最適な仕事になります。また、チャイルドケアの資格を取りたい人(この資格はオーストラリアの永住権につながりやすくなっています)がこのような仕事をしていることが多いです。こちらもGumtreeやFacebookから探すことができます。

オーペア

8a2011e26a8e2e7502f7828436134e17 オーペアとは実際にその家庭に住んで家事やベビーシッターをする、いわゆる家政婦のような仕事です。実際に一緒に暮らすので宿泊費と食費は無料ですが、基本的に一日家にいて掃除や家事をしなければならないので自分の時間は持てません。しかし実際にオーストラリアの家庭に住むので毎日が英語環境になります。英語を上達させたい人にとっては最適の場所ではないでしょうか。

その他お仕事

コンストラクション

お給料は高いのですが、少々厳しい肉体労働です。しかしひたすらお金を稼ぎたい人には適している仕事といえます。取得の際にはホワイトカードという建築関係の仕事をするときに必要な資格があります。必要のない会社もありますが、主に危険な仕事をする時に必要となります。費用は会社によりますが、$100前後です。一回とればどこの州でも通用します。面接の際にホワイトカードが必要となるか事前にしっかり確認しましょう。

インターンシップ

現地のインターンシップは高い英語力と知識が必要とされますが、挑戦すれば貴重な経験となることは間違いありません。日本の会社のインターンシップも多くあります。分野としては旅行、留学エージェントが主流です。自分の体験やオーストラリアで得た知識を生かすことができます。また、パソコン業務でスキルを鍛えたり、現地のホテルを予約をするために電話対応などをする機会がありますので、英語力を高められるケースもあります。インターンシップですので無給となるところもありますが、将来のために経験を積むには非常に良い機会となります。弊社でもインターンを募集しております。詳細はこちらから

ホテルインターン

シティーから離れたリゾートで泊まり込みでのお仕事です。寮や食事は提供されますので現地での生活費用を考える必要はありません。また、リゾート地となりますので様々な国の人と出会え有意義な時間が過ごせること間違いありません。

日本語教師インターン

完全な英語環境で生徒に日本語を教えることは素晴らしい経験になること間違いありません。英語の語学学校で勉強した後、今度は自分が日本語を教える立場になりたいと思い応募する人もいるようです。日本語教師のインターンシップは学校の手配や事前の講習を受ける場合があるため、特に業者を通した場合は手数料が発生することがあります。また、公立や私立の学校になると新学期の開始時期に合わせる必要があるため、早めの応募が必要です。

タックスリターンについて

ダウンロードワーキングホリデービザをお持ちの方は、お給料から32.5%のタックスが引かれてしまいます。時給16ドルも、手取りは10.8ドルになります。しかし、タックスリターンでは引かれた税金を取り戻すことができます。日本でいえば確定申告のようなシステムです。毎年7月から翌年6月までに収めたタックスは会計年度が変わってから(その翌月の7月から翌年の6月まで)タックスリターンの申請ができます。7月になると会社が源泉徴収を作成し雇用者に提出するので、雇用者はそれを基にタックスリターンの申請を行います。同時に7月になると税理士がタックスリターンの広告をJamsや日豪、チアーズなどの日系サイトに出し始めます。受け取った源泉徴収書を基に必要事項入力し、税理士に申請をすると早くて2週間ほどでお金が戻ってきます。(しかし、条件に満たない場合は帰ってこない可能性もあります。詳細は税理士にお問い合わせください)税理士を利用する場合には、費用は発生しますが申請の際の間違い等を迅速に対応できます。個人申請で間違い等が起きた場合には最終的に余計な労力を費やすことになる場合もありますので、その辺りをご検討頂かれるのが宜しいでしょう。

終わりに

imagesオーストラリアではローカルで働くことが英語を上達するうえでの近道だといわれていますが、チャンスはローカルだけに限りません。ジャパレスでも、ウェイトジョブであればお客さんの大半はローカルの方ですし、そのような方々と話すことによってある程度の英語力は養われます。時々、お客さんと他愛のない会話をすることもあります。

ワーキングホリデーで来ている方にって一番大事な「仕事探し」ですが、重要なのは、根気よく面接を受け続けることです。オーストラリアにはビザの関係で1,2年しかいることができないので、働いている人たちは日本とは異なり2,3か月でやめてしまう人がほとんどです。そのため、非常に回転が速く、どこのレストランも常に人を探しています。つまり、根気よく面接を受けていればローカルで採用してもらえるチャンスに巡り合えるということです。これにはある程度の英語能力と運が伴います。とにかくあきらめずに面接を受け続けてください。もし採用された仕事が自分に合わなわなければ、次のチャンスをつかむためにもう一度就職活動をしてみましょう。どんな仕事も働いてみないとわかりません。(もちろん採用されたのに無断で辞めてしまうことはあってはなりません。お給料やシフトなど最低限の情報は事前に確認してください)わすか1,2年しかないオーストラリアの生活の大半を、満足のいかない仕事をして過ごすのはもったいないです。いい仕事に巡り合うまで根気よく頑張ってください。

シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.