フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリアのシェアハウス・ルームシェアについてShare house and room share in Australia

シェアハウスとは?

share-accommodation 日本ではあまり一般的ではない「シェアハウス」や「シェアルーム」は、オーストラリアでは一人暮らしする際の最もポピュラーな方法のひとつです。

留学生の場合、はじめの4~6週間は生活に慣れる必要があるため、学校やエージェントが手配してくれるホームステイを利用するのが一般的です、ホームステイでは食事などを提供してくれるため、土地勘がない場所でもほぼ問題なく生活をスタートさせられます。しかし、その分滞在費は高くなります。そのため、留学生の多くは生活に慣れてきたころにシェアハウスを探して引っ越します。

シェアハウスは、一般的に一軒家やマンションやアパートの一室(ユニット)を共同で借りて住むスタイルです。ハウスシェアやフラットシェアといった呼ばれ方もします。 部屋のタイプによって異なりますが、基本的にはひとつのユニットに複数人で住み、リビング・キッチン・バス・トイレ等、共有スペース(コモンスペース)をシェアします。

シェアハウスのメリットは、まず滞在費用が安く抑えられることです。多くの場合、最低限の家具もそろっているので初期費用も日本での引っ越しほどはかかりません。短期間からの契約も可能な場合が多いです。オーストラリアでは一般的な方法で物件も非常に多くありますので、学校や職場の近くなど好きな場所に住めることも魅力的です。

こちらでは、そんなシェアハウス・ルームシェアの基礎知識や、部屋の探し方をご紹介します。

お部屋のタイプ

プライベートを大事にしたい人向けのOwn Roomや、とにかく安く済ませたいという方向けのShare Roomなど、シェアする際のお部屋のタイプは様々です。ご自分の条件に合ったお部屋を探しましょう。

1人部屋(Own Room)

プライベートが気になる方は、もちろん個室を借りる事も出来ます。オウンルーム(Own Room)と呼ばれるスタイルで、キッチンやリビング、バスルームなどの共有スペースは住人みんなで共有しますが、個人で1部屋を使うことが出来ます。 市内の中心地だと2~3部屋のユニット、郊外だと5部屋くらいある大きな一軒家などをシェアして、そのうちの一部屋を貸りる事が多いです。 家賃相場は週あたりAU$170~AU$240です。

1人部屋+バスルーム(Master Room)

オウンルームの中にバスルームが付く部屋をマスタールームと言います。何といっても個人専用のバスルームを持てるのがいいですね。部屋も通常のオウンルームより大きいことが多いです。お一人で借りることも可能ですが、やはり家賃が高いです。カップルに対するマスタールーム入居者募集の広告がよく出ている為、2人で一緒に住めて、さらに家賃を安く済ませる為にはおすすめのお部屋タイプです。 家賃相場は週あたりAU$230~AU$350です。

ルームシェア

ルームシェアとは、一部屋を数人で共有するスタイルのことを言います。カップルや仲の良い友人同士で住み、家賃を抑えることが出来ます。 知らない人同士でのシェアも、もちろんあり得ます。その際は、シェアメイトとのトラブルを避ける為の注意が必要な場合があります。街の中心部や中心に近いシェアハウスは家賃も高い為、ルームシェアをして家賃を安価にしている方が多くいます。 家賃相場は週あたりAU$120~AU$190です。

リビングシェア

リビングが広く、簡素ですがシングルベッドやソファベッドを置いて貸し出しているのがリビングシェアです。 プライベートスペースも無いに等しく、本当に寝るだけの場所があればいい、といった方向けです。貴重品の管理など、自己責任になりますので、借りる際は同居人や管理人さんをよくみて判断するようにしましょう。
家賃相場は週あたりAU$100~AU$130です。

用語集

Bond (ボンド)

保証金の事で、平均的に入居時に2週間分の家賃を支払います。 何事もなければ、退去時に返金されます。 家具にキズをつけてしまった場合などは、この保証金から差し引かれます。

Furnished (ファーニッシュド)
家具付きの部屋を指します。 留学生向けのシェアハウスは、一般的にベッドなどがついていることがほとんどです。 リネン類の有無は物件によって異なりますので、必ず確認しましょう。 家具がないお部屋はUnfurnished(アンファーニッシュド)といいます。
Bill (ビル)
水道・電気代などの請求書です。 水光熱費やインターネットは含まれている場合がほとんどですが、別途請求の場合もありますので注意しましょう。

略語編

日本人向けのクラシファイドではあまり見かけませんが、現地の方も利用するWEBを利用して部屋探しをすると、よく英語の略語を使って広告が載っています。 ここではよく見る英語の略語をご紹介します。
略語 名称 意味
apt apartment アパートメント
br. bedroom ベッドルーム
cls. close to ~に近い
cpt carpet カーペット敷き
M/F male or female 男女どちらでもよい
inc included ~も含む
N/S non smoker 禁煙者
trans transport 交通手段
pw per week 1週間ごと
openminded 同性愛者に寛容

インスペクションって?

チェックリスト
インスペクションとは、事前にアポを取って興味のあるお部屋に見学に行くことです。

いざ住み始めてから「えっ、シャワーは3分だけなの!?」「鍵くれないの!?」というのはよくある話です。 また、掲示板などに掲載されている写真と、実際のそういった後々のトラブルを避ける為に、インスペクションの際には、気になることはどんなに些細な事でもオーナーに聞きましょう。いざオーナーを目の前にすると、聞きたかった事も忘れてしまう事があります。事前に聞きたい事やチェックすべきことを確認しておくことで、「あの事聞くの忘れた…」を防ぎましょう!

インスペクション時のチェックポイント

以下はほんの一例です!インスペクション時は、質問攻めするつもりで行きましょう!

家賃に含まれるもの、含まれないもの
高熱費、トイレットペーパーなどの消耗品、調味料などの食品のお金の出し方を確認しましょう

共有スペースは何があるか、あるものは自由に使っていいのか
電化製品の他、食器なども自由に使えるかを確認しましょう

最低居住期間はどれくらいなのか
特に、別の都市などへ移る予定がある場合は確認しておきましょう

レントの支払方法はキャッシュなのか振込なのか
振り込みが望ましいです ※詳細は注意事項を参照

家でのルールはあるのか
消耗品のお金の出し方、共有スペースの使い方、シャワーの時間、掃除の担当分担などを確認しておくとよいです

鍵はもらえるのか
物件によってはもらえず、他の人に生活を合わせなければなりません

何週間前に退去通知をしなければならないか
退去時に余計な家賃を払わなくて済むように、しっかり確認をしておきましょう

その他、気になる方は以下のようなポイントを確認しておくとよいでしょう。
オーナーだけでなく、住人に話を聞いてみるのも参考になります。

  • 部屋は綺麗か
  • 周辺の様子
    (治安はいいか、バス停や買い物する場所などが近くて便利かなど)
  • シャワーはちゃんと出るか
    (かなり弱かったり、すぐお湯が出なくなる物件もあります)
  • 騒音などはないか
  • オーナーは信頼できそうな人か
  • 壊れているものはないか
    (設備が整っているようにみえて、使えない場合もあります)

日本人以外のシェアメイトについて

houseshare trouble
一緒にシェアしている人が知らない相手でも、相手が日本人であれば似たような価値観や一般常識をもっている為、トラブルは少ないかと思います。しかし、日本以外の国籍の方とシェアをする際は、自分の常識が相手には当てはまらないことも多くあります。毎晩のように友達を連れてきて遅くまで騒いでいたり、勝手に自分の物を使われるといったこともよく聞く話です。また、文化の違いによるトラブルも珍しくありません。さらに、特にオーナーが常に不在(違う場所に住んでいる)のハウスシェアの場合は、常に人が出入りしていたり、部屋の管理が行き届いていないなどのトラブルも存在します。こちらはインスペクションなどでは見極めにくいため、ある程度は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

一方で、日本人とシェアをしてしまうと日本語ばかり話しがちです。周りが日本人だらけで英語が話せるようにならず、留学に失敗してしまうというのはよくある話なので、敢えて日本人のいない家を探す方もいます。

役立つホームページ

下記のホームページはオーストラリアで外国人と住むことのできるシェアハウスを探す際によく利用されるものです。ただし、基本的にだれでも発信することができるので、詐欺などの危険な情報も載っていることがあります。情報が信頼できそうか十分に注意して調べてください。

シェアハウスの探し方

①探す物件の条件を決める
まずはどのような場所に住みたいか条件を固めましょう。すべての希望を満たす物件を見つけることはなかなか難しいので、「これは絶対に譲れない!」という重要な条件は決めておくと、部屋をスムーズに探すことができます。
決めておくべき条件には以下のようなものがあります。

  • 家賃の予算
  • いつから住み始めるか
  • 部屋のタイプ
  • 地域、立地(駅から徒歩5分など)
  • ルームメイトの条件(女性のみ、日本人は避けるなど)
②物件の情報収取をする
役立つホームページで紹介しているサイトなどで、空き物件やルームメイト募集の記事を検索します。多くの場合、家賃や募集したい人の条件といった詳細は記載されていますが、なにか分からないことがあればメールなどで問い合わせてみましょう。
ここで興味のある物件を大体3~5件ほどに絞って、記事に記載されている連絡先にインスペクションしたい旨を伝えます。
③インスペクションをする
インスペクションは必ず行いましょう。ウェブサイトに記載されている情報と実際の環境は異なる場合が多いです。特に、部屋が清潔かどうかは写真では判断しないようにしましょう(多くの場合、綺麗な状態の写真が載っているため)。

※弊社ではシェハウスのインスペクションの動向サポートを行っています。一人で赴いて騙されないか不安な方、客観的にアドバイスをいただきたい方などにおすすめです。詳細はサポート内容をご覧いただくか、お問い合わせください。
④シェアハウス決定!
住みたい物件が固まったら担当者に連絡をとりましょう。人気な物件は連絡を取った時点で埋まっていることもよくありますので、2~3件の候補を立てておいたほうがよいです。

注意事項

家賃の支払いの際にレシートを発行してもらいましょう
レントを直接支払う際、支払った証拠を残すために、支払いの際はレシートを要求しましょう。レコードが自動的に残る為、可能であれば振込での支払が望ましいですが、振込での支払いを嫌がるオーナーも多いです。

退去する際は余裕をもって連絡しましょう
オーナーさんは次の入居者を見つける必要がありますので、退去の際は前もって伝えておきましょう。また、退去時にいつまでに報告すればよいかは、入居時に確認しておきましょう。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン