フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

TAFE (州立職業訓練専門学校)についてTAFE

TAFEのコースのイメージ
TAFEは公立の職業訓練専門学校で、NSWだけでも130のキャンパスがあります。日本の専門学校に近いですが、TAFEではビジネスやホスピタリティー、エンジニアリングやアート、アロマセラピーなど、思いつくありとあらゆる分野のコースを開講しています。また、プログラム内容にインターンシップが組み込まれているなど、経験やスキルを重視するオーストラリア社会で対応できることを意識したプログラムが組まれています。
TAFEのコースの開講日は通常、2月と7月の年に2回です。1年間のコースの場合、2月入学のみ受け入れの場合があるため、注意が必要です。コースの開講日やプログラムの内容など、詳しくはお問い合わせください。

TAFEの入学条件

TAFEの本科コースの入学条件は、英語レベルと最終学歴の2つの条件を満たしていることです。コースによっては、英語レベルの条件が異なるので、注意が必要です。

英語レベル 最終学歴
Certificate, Diploma and Advanced Diplomaのコース
  • IELTS オーバーオール5.5以上 (通常全てのスキルで5.0以上)
  • TOEFL(iBT) score 46
※上記のいずれか
高校卒業
Community Welfare, Design, Fine Artのコース
  • IELTS オーバーオール6.0以上 (通常全てのスキルで5.5以上)
  • TOEFL(iBT) score 60
※上記のいずれか
高校卒業
Interpreting, Translating, Bachelor Dgreeのコース
  • IELTS オーバーオール6.5以上 (通常全てのスキルで6.0以上)
  • TOEFL(iBT) score 79
※上記のいずれか
高校卒業
※IELTSやTOEFL(iBT)以外のスコアの証明でも、英語レベルが認められる場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

TAFEへの進学方法

直接進学
英語の基準を満たしている方は、直接進学が可能です。

語学学校で英語を勉強→IELTS5.5取得
英語レベルを満たしていない方は、語学学校に通い、IELTSのテストを受け、5.5以上のスコアを取得する必要があります。

TAFEと提携する語学学校のコースの修了
TAFEと提携する語学学校が開講するEnglish for Academic Purpose(EAP)のコースの修了によって、IELTS無しで、TAFEの本科コースへの入学が認められます。

TAFE付属の英語学校のコースの修了
TAFE付属の英語学校(TELC)が開講するCertificate 3 in Advanced English for Further Studyのコースの修了によって、TAFE本科への入学をIELTS無しで、許可されます。

TAFE付属の英語学校に通うメリット

長期の語学コースの授業料の支払いを済ませた後に、予定より早くコースを修了する事が可能と分かった場合、TELCでの未使用の授業料を全額TAFEの本科コースへトランスファーする事が可能です。他の語学学校でこのようなケースが起こった場合は、全額を返済してもらう事は難しいです。進学方法について詳しくはお問い合わせ下さい。

TAFE進学の際の必要書類

以下の書類は、Original(原本)またはCertified copy(謄本)を提出しなければなりません。修了証明書や成績証明書等は最終学歴の各学校で作成してもらえます。
必要書類 詳細
アプリケーションフォーム
Application form
各大学のHPからダウンロードが可能です。
高校の卒業証明書
Graduation certificate
英文の卒業証明書が必要です。
最終学歴の成績証明書
Transcript
英文の成績証明書が必要です。
IELTS等の英語力の証明
English proficiency test result
IELTSはアカデミックでのスコアのみが 受付対象です。
※IELTSについてはこちらをご参照ください。IELTSとは?
※IELTSスコア換算表はこちらからご覧ください。IELTSスコア換算表
パスポートのコピー
※デザイン系のコースでは、Portfolio(作品)の提出を求められる場合もあります。
※オーストラリア国内で書類の翻訳をする際は、翻訳資格を持つ者が翻訳を行う必要な場合があります。詳しくはこちらのリンク先をご参照ください。
翻訳・通訳の国家資格NAATI (ナティ)

TAFE卒業後の進路

仕事を探す

TAFEは優良な学校として認知度が大変高く、卒業後にオーストラリア社会で仕事をする為に学ぶ留学生も多くいます。TAFEでDiploma以上を取得すると、オーストラリアの各産業での雇用のチャンスも広がります。

TAFEから大学進学

Diploma to Degreeのロゴ TAFEはDiploma to Degree(D2D)プログラムと言う大学進学の為のパスウェイを提供しています。TAFEでDiploma以上コースを修了すると、提携大学の関連コースへ進学する事ができます。また、こちらのプログラムには以下の利点もあります。

大学の期間を短縮できる
TAFEで取得した単位を大学でもそのまま認めてくれるので、提携大学では、通常3年のBachelor(学士)のコースを2年で終わらせる事が可能です。

大学よりも学費を抑えられる
大学の学費よりTAFEの授業料の方がはるかに安い為、D2Dを利用しての大学進学は、3年間大学に通うよりトータルの授業料を安く済ませる事が可能です。

二つの学位が取れる
同じ3年間でもDiplomaとBachelorという2つの学位が取得できるのも魅力的です。

卒業後のビザ

TAFEでDiplomaのコースを修了すると、Temporary Graduate Visa(Subclss 485)、通称卒業ビザの申請資格が得られる場合があります。 卒業ビザについて詳しくは以下をご参照ください。
※TAFEについて詳しくは以下からお気軽にお問い合わせ下さい!

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン