フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

シドニー留学コラムSydney Column

ビーチだけじゃない! ボンダイ(Bondi)を知り尽くそう!

観光情報 2018.10.04

シドニーのビーチといえば、ボンダイ・ビーチ!シドニーのビーチ文化を味わうためにも、シドニーに来たらビーチは外せません。しかし、皆さんはボンダイエリアのことはご存知でしょうか。ビーチに行くためにほぼ確実に通り過ぎるであろうこのエリア。もちろんビーチにはボンダイの魅力が凝縮されていますが、意外と見落としていないでしょうか。
そこで今回、ボンダイ在住の筆者が、ビーチだけでなくここボンダイエリアについて紹介したいと思います。ビーチ以外のボンダイの魅力をぜひ感じてみてください。

ボンダイ(Bondi)について

ボンダイビーチ沿いのウォールアート
ボンダイは、シドニー市街地から東に位置するエリアです。シドニーの各地に存在するショッピングモール・ウエストフィールドはもちろん、数々のお店、レストラン、カフェ、お土産屋さんなどが揃っています。交通の便も良く、特にビーチ行きのバスは毎回混みあっています。今回はそのボンダイエリアを大きく3つに分けて紹介したいと思います。


ボンダイ・ジャンクション(Bondi junction)

ボンダイ・ジャンクション近辺
ボンダイ各エリアを繋げる、ボンダイ・ジャンクション駅。ここの一番の目印はウェストフィールド(West Field)ボンダイ・ジャンクションという巨大ショッピングセンター。ウェストフィールドとは、イギリスやアメリカにも展開しているオーストラリアのショッピングモールです。シドニーに住んでいれば色々な場所で発見できるモールですが、ボンダイ・ジャンクションのウェストフィールドはその中でもかなり大きいものとなっています。たくさんのレストラン、カフェ、洋服屋、雑貨屋、家電などの他にオーストラリアで有名ブランドのデパートも融合しており、全てが詰め込まれたようなスタイルになっています。中はとても広く、疲れてしまうように見えますが、至る所に休憩スポットがあり、しかも居心地の良いものになっているので、ショッピングにもってこいの場所となっています。

また、ショッピングモールだけでなく、駅周辺にも数々の店が立ち並んでいます。ボンダイに住んでる日本人は意外と多く、他国のものより日本食や日本人が運営する美容院、さらにはダイソーまでもあります。周辺の大きめのパブは一つしかないので、夜は落ち着いていてシティーまですぐなので、住むのにも適しています。

★ボンダイ・ジャンクション(Bondi junction)への行き方
Central駅またはTownhall駅からBondi junction行きの電車またはバスで15分から20分程度

ノース・ボンダイ(North Bondi)

ノースボンダイからの眺め
ボンダイの北というよりはボンダイビーチの北側のエリアであるノース・ボンダイ。富裕層の集まる住宅街であり高級車もよく見かけます。単に住宅街といっても、お洒落な家が並んでいて、のんびり散歩をするだけでも楽しめます。ここノース・ボンダイからはなんと、シドニータワーまで見えて、シドニーの地形を味わうことができます。実はボンダイ・ジャンクションのウエストフィールドからもタワーは見れますが、ここの魅力はこれだけではありません。ボンダイ・ジャンクションとの大きな違いは、ビーチがとても近い!!タワーを見て、坂を下っていくとすぐにボンダイ・ビーチが見えます!!しかも、大抵の場合はボンダイ・ジャンクションからビーチに向かうわけですが、ノース・ボンダイからビーチに向かうと、いつもの反対側からビーチに行くことができます!にぎやかな場所から向かうビーチとは逆に、静かな住宅街から向かって得られる景色、雰囲気はまた別物で、ボンダイ・ビーチの新しい一面を楽しめます。

★ノース・ボンダイ(North Bondi)への行き方
Bondi junction駅から333番か380番のバスで20分程度

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)

冬のボンダイビーチ(Bondi Beach)
ボンダイエリアのメインスポットといえば!こちら、ボンダイ・ビーチです。オーストラリアで最も人気のあるビーチであり、世界的にも名の知れたビーチです。夏はもちろん、冬でもたくさんの人に囲まれています。シドニーの他のビーチと比べて芝生が多く、週末は数多くの人が愛犬を散歩していたり、家族で遊びに来て子供たちが走り回っていたり、時には友人でピクニックをしている人もいます。ビーチ沿いには様々なお店が並んでいて、おしゃれなカフェやパブ、お土産屋さんなどが建ち並んでいます。ビーチ沿いのお洒落なビーチで朝食、も素敵ですが、ランチなどをお持ち帰りにしてビーチ沿いの芝生で景色を楽しむのが一番おすすめです。

また、ボンダイ・ビーチは各周辺のビーチへのアクセスがとても便利です。ボンダイ・ビーチからクージー・ビーチ(Coogee Beach)までの6㎞に及ぶ遊歩道もいちおしポイントです。徒歩2時間ほどかかりますが、2つのビーチの間には、ブロンテビーチ(Brote Beach)、クロベリービーチ(Clovelly Beach)、タマラマビーチ(Tamarama Beach)の計4つもの小さなビーチに巡り合うことができます。どのビーチも小さめですが、かなり美しいビーチたちです。ちなみに、ブロンテビーチには無料のBBQセットがあります!材料さえあればお手軽にBBQが楽しめるのも魅力的です。遊歩道にはところどころにベンチもあり、ちょっとした運動にも最適です。なんといっても道の途中が素晴らしい眺めになっているので、飽きることなく歩き続けられるでしょう。

★ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)への行き方
Bondi junction駅から333番か380番のバスで17分程度

まとめ

いかがでしょうか。ショッピングならボンダイ・ジャンクション、シドニーの海を感じるならボンダイ・ビーチ、いつもと違った景色を見たいならノース・ボンダイと、かなりいろいろなものが詰め込まれているボンダイエリア。海に近いことから風が強い日も多いですが、観光はもちろん、住むにも快適なエリアとなっています。夏には新しいお店がオープンするなど、夏は特に活発な場所。シドニーに来たら一回と言わず、何度でも訪れたい場所ではないでしょうか。また、各地にカフェが点在しているので、自分のお気に入りを見つけてみるのも楽しいかもしれません。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン