フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

シドニー留学コラムSydney Column

RSAの取得方法を分かりやすく解説!【実際に受けてきました】

シドニーの生活 2018.08.30

最近RSAに関してのお問い合わせが増えてきたので、2018年4月に受験を終えたばかりの筆者が説明します。


RSAってなに?

Responsible Service of Alcoholの略

RSAはアルコールを取り扱っているお店で働く場合に必要になる資格です。
お酒の提供に関わらないキッチンハンドでもRSAが必要になりますので注意してください。
RSAを取得せずにアルコールを提供するお店で働くと、罰せられる可能性がありますので、必ず取得をしましょう。
rsa

RSAを取得する方法は2つある!!!

①スクールでの受験(1日で終わる)

費用としては、スクール受講・オンライン受講ともに180ドルです。
筆者はスクールでの受験をお勧めします。理由としてはその日でほぼ確実に取得可能だからです。
下記がスクールでの大まかな日程になります。


②オンラインでの受験

オンライン受験でのメリットは時間や場所を気にせず受験可能ということです。
デメリットとしては英語に自信のない方は回答に時間がかかってしまいます。また筆者の友人は問題文を理解できずにイライラしてました(笑)


※RSA受験の前に※

USI(Unique Student Identifier)を取得しましょう!
受験をする前にUSI(Unique Student Identifier)という無料の学生番号が必要になります。

USI申請は(Australia Government USI)
から


試験会場と当日の持ち物とタイムスケジュール

筆者はセントラル駅近くのCoffee Schoolという学校へ行きました。

持ち物は筆記用具とパスポートだけで十分でした。

当日のタイムスケジュール
9:30~ ID確認
10:00~13:00 講義&テスト (途中30分ほどの休憩あり)
13:00~14:00 お昼休憩
14:00~15:30 講義&テスト
16:00~17:00 仮証明書配布&解散



coffeeschool

どんな講義をするの?

講義が始まる前には受験者一人ひとりが自己紹介や講師から個々に「どこで働きたいのか」、「いつまでにRSAが必要なのか」など簡単な会話をしました。
講義は午前と午後に分かれて行われ、ニューサウスウェールズ州のお酒に関する法律や知識などを学びます。また10分ほどのビデオを複数見ながら重要なポイントをメモ書きしていきました。テストに出題されるところはビデオの中で強調されているため、理解しやすいです。講義の進み方としてはほとんどがレクチャー形式で、時々先生が受験者に質問をしたりしていました。全体を通して試験という雰囲気ではなく、ゆったりとした雰囲気でした。

いざテスト!!!

午前・午後の講義のあとに実施されました。選択問題もあれば、記述式の問題もあります。問題例としてはグラスの種類やお酒を過度に摂取している客への対応の仕方、なぜそのような客にお酒を提供してはいけないのかなどについて答えなければなりません。英文を書くことに抵抗がある方もいるかとは思いますが、英文自体は簡単な構成のもので構わないと思います。テスト時間が足りないということはなかったので安心してください。

合格&仮証明書ゲット!!!

テスト終了後30分ほどの休憩があり、16時頃からテスト合格者に仮証明書が配られました。

certrificatersa
当日は20人ほどの受験者がいましたが、全員合格でした。この仮証明書は90日間のみ有効で、この有効期限内に指定のサービスセンターにて本証明書用の写真撮影へ行きましょう。

写真撮影と100ポイントについて

テスト会場でも言われますが、本証明書用の写真を撮る必要があります。

シドニーでの主な写真撮影可能なサービスセンター

Haymarket Service Centre(セントラル駅付近)
NSW Service Centre(ウィンヤード駅付近)
Marrickvile(セントピーターズ駅付近)

筆者はセントラル駅付近にあるHaymarket Service Centreへ行きました。
(G McKell Building, 2-24 Rawson Pl, Haymarket NSW 2000)
haymarket

ウィンヤード駅付近にあるNSW Service Centre(19 York St, Sydney NSW 2000)です。
NSW

写真撮影時には身分証などが必要になります。身分証など提出するものには政府からポイントがつけられていて、提出物の合計ポイントが100ポイントになるようにしなければなりません。

  • パスポート:70ポイント
  • 運転免許証:40ポイント
  • 海外保険証:25ポイント
  • デビットカード・クレジットカード:25ポイント

※日本の教習所で発行した国際運転免許証は受け入れてもらえないです。
提出した書類が100ポイントに達していればすぐに写真撮影をすることができます。
写真撮影後、約3週間で手元に届きました!

rsaphotocard


筆者は写真撮影後に、サービスセンター内にあるパソコンを使い、オンラインアカウントを作成しました。
係員の方がいるので、I would like to open an online account for RSAなどと伝えれば手伝ってくれます。
スマートフォンにService NSWというアプリをダウンロードし、オンライン上で自分のRSA資格を確認することができます。
写真撮影後約3週間ほどで手元に届きます。

こちらがRSAを確認することができるアプリです。
rsaapp

まとめ

以上が大まかなRSA取得までの流れになります。
RSAは州によって取得しなければならないため、NSW州で取得したものは他の州では使うことができませんので、注意してください。
多くの日本人は飲食店で働く人が多いので、必然的にRSAが必要になると思います。1度取得をすれば、5年間有効なのでほとんどの方は更新をすることはないです。
面接時にもRSAの所持を聞かれますので、仕事を探し始めるタイミングでRSAを取得しましょう!!
こちらもRSAについて書いてありますので、ご確認ください。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン