フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリア&フィリピン留学【2カ国留学】Study in Philippines

二カ国留学フィリピンバナー

今、人気急上昇中のフィリピン留学。海外留学、語学留学といえば、アメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランド等へ留学するのが当たり前でしたが、格安で効率よく英語を習得したいという方には、コストパフォーマンスが非常に高いフィリピン留学もおすすめです。

こちらでは、そんなフィリピンとオーストラリアの2カ国留学についてご紹介いたします。

フィリピン留学の特徴

短期で英語力を上げるマンツーマンレッスン
カレンダーのイメージ フィリピンの語学学校では、マンツーマンの授業を4時間以上設けている場合がほとんどです。マンツーマン授業では先生との対話になるので、必然的にコミュニケーションをとる時間が長くなります。

また、1対1のクラスなので、わからないまま授業が展開されることはありません。自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで学びます。英語がまだ不慣れな学生は英会話の独特なリズムや表現方法を学び、英語を体系的に勉強したい学生には、文法の基礎固めから応用表現まで幅広く学びます。

とにかく最短で話せるようになりたい方には最適の学習環境です。

費用が安いのに授業は多い
予定で埋まったスケジュール帳イメージ フィリピン留学は、ほとんどのプランで学費に授業料・滞在費・食費などがすべて含まれています。カリキュラム内容、学校や寮の綺麗さや立地などによって料金にばらつきはありますが、1ヶ月10万円前後と欧米留学に比べて圧倒的に安いです。

また、授業は1日に6‐8時間ほどと他国の学校に比べて長く、学校によっては10時間以上提供している場合もあります。

費用が安く授業が多いフィリピン留学は、コストパフォーマンスにおいて非常に高く評価されています。

物価が安い
お金のイメージ フィリピンの物価は日本の約3分の1以下です。そのため、留学中は学費だけでなく生活費も節約できます。

また、物価が安いことにより、フィリピンでは安価なコストで優秀な大卒教師を採用することができます。たとえ学費が安くても、授業の質は欧米諸国に劣らないのです。

フィリピンからオーストラリア留学

フィリピンからオーストラリアへのイメージ 年々、チャレンジする方が増えているフィリピンからオーストラリアへの2カ国留学。フィリピンで短期集中で英語を学び、さらなる学習や実践のためにオーストラリアへ渡航するパターンが主流です。

フィリピンからオーストラリア留学をするメリット

オーストラリア滞在中はより高度なチャレンジに時間を充てられる
フィリピンよりも英語の実践の場が多いオーストラリア。専門コースやインターンシップなどより高度な英語を必要とするプログラムが豊富なのが特徴です。

フィリピンはマンツーマンレッスンや授業のコマ数が多いなど、学校で英語を勉強する環境としては理想的ですが、それらを実生活やアルバイトで使うとなると少々物足りない場所ではあります。その点、留学プログラムや留学生でも働ける環境が豊富なオーストラリアは、身につけた英語を実践を通してさらに高めるにはうってつけの場所です。

フィリピンで英語の基礎を固め、オーストラリアでは応用に集中するというスタイルが、2カ国留学では可能になります。

情報収集・人脈作りがスムーズに始められる
オーストラリアでの生活は、最初からある程度の英語力があると便利です。例えば、シェアハウスを探す際には英語を使いますし、ワーホリで渡航してセカンドも視野に入れたい方はファームの情報収集を始めなければなりません。フィリピンで英語を話せるようになっておけば、これらをスムーズにスタートできますので安心です。

さまざまな英語を聞き取れるようになる
移民大国ということで、さまざまな国の方で溢れているオーストラリア。当然、生活していれば多種多様なアクセントの英語に触れることになります。英語力が低い状態でこれらの英語を理解することは非常に難しいですが、フィリピンである程度のリスニング力をつけておけば、慣れるまでにそれほど時間はかからないでしょう。オーストラリアの滞在期間中に、さまざまな英語を聞き取れるスキルが最大限身につくことになります。

オーストラリアでおすすめの留学プログラム

ワーホリ

ワーホリイメージ
勉強・仕事・旅行が1年間も満喫できるワーホリ。ワーホリの期間を余すところなく自分のやりたいことに充てるには、渡航前にある程度の英語力をつけておく必要があります。

フィリピンにて短期集中で英語力を高め、オーストラリアではインターンシッププログラムに参加してみる、高い英語力が求められるものの時給が高いローカルジョブに最初から挑戦してみるなど、時間を有効活用したワーホリが実現できます。

バリスタプログラム

コーヒーのイメージ
コーヒーの淹れ方やカスタマーサービス英語などを学ぶ、オーストラリアの人気プログラムです。接客英語ということで、挑戦するにはある程度の英語力が必要となりますが、フィリピンで既に英語が上達していれば問題ありません!

インターンシッププログラム

多国籍企業イメージ
仕事を通して英語を学べるインターンシッププログラム。こちらも参加するには一定の英語力が必要であり、英語が規定レベルに達するまでは語学学校に通う必要があります。

フィリピン留学で英語力をつけていれば、語学学校に通う期間を最短にしてインターンシップへの参加が可能です。また、高い英語力があればより高度な職種に挑戦することもできます。

専門プログラム

チャイルドケアイメージ
チャイルドケアやビジネスなど、専門コースへ進学するには一定の英語力と、多くの場合英語力の証明が必要となります。

フィリピンでは、IELTSなどのテスト対策も短期集中で行えます。そのため、同じ期間をオーストラリアで勉強するよりもはるかに安く、専門コースへの進学準備が可能です。なるべく費用を抑えてオーストラリアで進学したい方にとって、フィリピンのとの2カ国留学は費用面のメリットが非常に大きいです。

オーストラリアからフィリピン留学

オーストラリアからフィリピンへのイメージ オーストラリアでの留学を終え、帰国前に何か英語の成果を残したい!そのような方におすすめなのがフィリピンでの短期集中型のプログラムです。フィリピンにはTOEICやIELTSといった英語試験対策コースもあります。オーストラリアではそれなりの費用となる試験対策コースですが、フィリピンでは格安で受講可能です。

オーストラリアからフィリピン留学をするメリット

格安でレベルの高いコースに挑戦できる
オーストラリア留学終盤。英語は鍛えたもののもう少し難しいコースに挑戦してみたかった、思ったより英語力が上がらなかったので最後に挽回したい、と思う方は少なからずいるようです。そのような方におすすめなのがテスト対策コースなどの、一定の英語力が必要なコースをフィリピンで受けることです。短期で効率よく学べるうえに、オーストラリアよりも大幅に費用を抑えて学校に通えるため、最後に英語の成果を形に残したいという方に人気です。

フィリピンでおすすめの留学プログラム

IELTS対策

IELTSは英語圏、特にイギリス英語圏での進学や就職、移住を目指す方にとって必須となる英語試験です。難易度が高いため、スコアを上げるにはそれなりの時間がかかりますが、フィリピンでは授業のコマ数が多く、マンツーマンで苦手分野を集中的に対策できるので、短期で効率よくテスト対策が行えます。

IELTSに関してはこちら

TOEIC対策

日本でお馴染みの英語試験です。IELTS同様、短期集中で効率よくスコアを上げることができるので、帰国後はすぐに就活の準備をしたい方や、最後に自分の留学の成果を数字として残したいという方には大変おすすめです。

TOEICに関してはこちら

2カ国留学までの流れ

学校お申込みの手続き
  • 希望する学校へのお申込み手続きの開始
  • 手続きが完了すると、学校側から入学許可の発行
  • 授業料支払等の手続きや学校情報やスケジュール等のご案内
その他の手続き
  • 滞在先の決定
  • 海外旅行保険の加入等
ビザ申請
  • フィリピンに語学留学で滞在する場合には観光ビザで滞在が可能です。観光ビザは日本では取得する必要はなく、入国と同時に30日間のビザが与えられます。31日以上滞在する場合には、この観光ビザを現地で延長しながら滞在します
  • オーストラリアで学校に通う場合は、観光ビザ・学生ビザ・ワーホリビザのいずれかが必要です。ビザの種類は、就学期間や受講したいコースによって異なります。詳しくはオーストラリアのビザの概要をご覧ください。
渡航準備
  • 航空券の準備
  • 荷物の準備
  • 現地到着後のスケジュール確認
現地へ向けて出発!!
  • 危険持ち込み荷物や時間に注意して空港へ向かいましょう!

フィリピン留学に必要なビザ

フィリピン留学に必要なビザは、現地にて取得することが可能です。留学に関係するビザは主に4つあります。「観光ビザ」、「SSP」、「ACR-I-CARD」、「ECC」です。それぞれ滞在期間に応じて、必要なビザが異なります。

  • 観光ビザ
    フィリピンに語学留学で滞在する場合には観光ビザで滞在が可能です。観光ビザは日本では取得する必要はなく、入国と同時に30日間のビザが与えられます。
  • SSP(Special Study Permit)
    外国人がフィリピン国内で留学をするために必要な特別許可です。
    *全ての留学生が対象です。1週間の留学でも必要になります。

  • ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration)
    外国人登録書で、60日以上フィリピンに滞在する、全ての外国人が取得する必要があります。2回目のビザ延長時に同時に申請を行います。

  • ECC(Emigration Clearance Certificate)
    出国許可書で、6ヶ月以上フィリピンに滞在する人は取得する必要があります。滞在中の滞在歴の有無や、その他理由でブラックリストに載っていないかなどを証明する書類です。
シドニー留学センターの
フィリピン留学サポート
★オーストラリア留学とフィリピン留学を両方サポートします!★
シドニー留学センターはフィリピン留学もお手配可能な留学エージェントですので、オーストラリアとフィリピンでの留学をトータルサポートいたします。オーストラリアとフィリピンの学校情報や留学情報に精通したカウンセラーが、適切な留学プランをご提案し、学校申込みやビザ申請といった手続きも無料で代行いたします。

2カ国留学となると、留学の準備も手続きも2倍。そして複雑になりがちです。安心して留学を始めるために、弊社のサポートを是非ご利用ください。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン