フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10時-20時
10時-19時
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

シドニーの語学学校Language schools in Australia

英語で会話する女性 世界各国でグローバル化の波が押し寄せていることから、英語をきちんと理解/話せるスキルはますます必要とされています。日本でも、外国人旅行客の増加、2020年の東京オリンピック開催、外国人労働者の受け入れなど、身近なところで英語が必要な時代に突入しています。

周囲にさまざまな国の方がいて多様な英語を話している、そんな環境を肌で感じられるオーストラリア・シドニーでの語学留学は、英語力に自信をつけるために非常におすすめです!こちらでは、特徴別の語学学校紹介や、シドニーでの語学留学の特徴を解説いたします。

特徴別語学学校
-留学生が重視する特徴TOP10-

「スピーキング重視」や「アットホームな雰囲気」など、学校選びは学校の特徴を調べることが大切です。

こちらでは、多くの留学生の方が学校を探す際に見ている特徴のTOP10と、代表的な語学学校をご紹介します。

1.スピーキング重視な学校

オーストラリア英語イメージ
日本人といえばスピーキングが苦手……。そのため、日本人留学生の多くはまずスピーキング重視な学校を探します。

オーストラリアの語学学校のほとんどはスピーキングを最も重視し、どの授業であってもスピーキングの練習は欠かしません。しかし、実際に英語を使うシチュエーションを作った授業など、よりスピーキングに力を入れたプログラムを開講している学校もあります。
学校例

2.日本人が少なめな学校

留学生たち
日本人が近くにいると日本語を話してしまって英語が伸びない、という話はよく聞かれます。そのため、あえて日本人が少ない学校を選ぶ留学生の方は多いです。

もちろん、日本人の友人が多くてもしっかり英語を伸ばせる方はいます。しかし、しっかり英語環境を作りたいのであれば、そのような学校を選ぶのもひとつの方法です。
学校例

3.多国籍な学校

たくさんの国旗
英語環境に浸るということでは、学生が多国籍な学校も人気です。さまざまなアクセントの英語に触れられることは、リスニングスキルを鍛えるうえで非常にメリットがあります。

また、日本ではあまり出会えないようにな国の方と交流し、多様な習慣や考え方に触れられるのも、多国籍な学校ならではです。
学校例

4.アットホームな学校

肩を組む留学生たち
先生やスタッフがフレンドリーで相談しやすい雰囲気は、慣れない留学生活で非常に重要です。アットホームな学校には小規模校が多いですが、先生が学生の勉強の様子をしっかり見てくれたりサポートしてくれたりするのが特徴です。
学校例

5.少人数クラスな学校

少人数クラスの授業風景
発言の機会が多くなる、先生が学生一人一人に目を配ってくれるなど、少人数クラスにはメリットが多くあります。積極的に話をするのが苦手な方や、授業についていけるか不安な方は、少人数クラスで授業をする学校を探してみるのもよいでしょう。
学校例

6.学費が安い学校

豚の貯金箱と電卓
シドニーは比較的物価が高いので授業料も安くはありませんが、中には1年を通してリーズナブルな費用で通える学校もあります。ただし、いわゆる格安校の中には、質の悪い授業やサービスを提供したり、途中で閉校になってしまうところもあるので注意が必要です。

授業料が安い学校については週200ドル以下の格安おすすめ語学学校もご覧ください。
学校例

7.細かいレベル分けがある学校

階段のイメージ
自分に合わないレベルでの勉強は、英語力上達の妨げになります。また、授業についていけない、授業がつまらないことは、せっかくの留学期間を無駄にしてしまいます。レベル分けがしっかりとある学校を選ぶことは非常に大切です。
学校例

8.夜間コースがある学校

時計
ワーホリなど、アルバイトもしっかりこなしたい方におすすめなのが夜間コース。昼間は仕事をし、夜に勉強ができます。また、夜間コースは日中コースに比べて授業料が安いという利点もあります。
学校例

9.ビジネス英語が人気な学校

キャリアアップイメージ
スキルアップのため、将来英語を活かす職に就くためなど、いつの時代も人気なビジネス英語。一般英語コースと異なり、プレゼンなどより実践的な内容が授業に盛り込まれているのが魅力的です。

また、ビジネス英語を学ぶ方は社会人などが多く、落ち着いた雰囲気で勉強できることも特徴です。
学校例

10.インターンシップがある学校

海外インターンシップイメージ
仕事を通して実践的な英語を学べることで近年人気のインターンシッププログラム。ビジネス英語同様、スキルアップにも将来のキャリアにも役立つことから、多くの留学生がチャレンジしています。

語学学校が提供するインターンシップは英語を学ぶことに重点をおいているので、ある程度英語力があれば職務経験・学歴問わず参加できるものが多いです。
学校例

シドニーの語学学校の特徴

学校が多いため、教育水準が高い

シドニーの風景
外国人の生徒や労働者で溢れかえっている、移民大国オーストラリア。語学学校の数は数百校以上と言われるほど、語学留学が盛んな国です。その中でも、シドニーの語学学校の多さはオーストラリア国内で最多なため、留学プログラムの種類が充実しています。

学校数が多い利点はそれだけではありません。シドニーでは語学学校が生き残りをかけて教育の質の改善やサービスの向上に取り組んでいます。そのため、シドニーの語学学校の教育レベルはオーストラリア全体の中でトップクラスを誇っています。また、伝統校と言われる語学学校の中には創立30年以上営業している学校も実在しており、多数の留学生を受け入れてきたノウハウで好評のプログラムを提供しています。一方で、新勢力と呼ばれる比較的新しく革新的な取り組みを行っている学校も多数ありますので、皆さんの目的を達成できる学校がきっと見つかります。

講師は英語教育のエキスパート&少人数クラス

授業の様子
語学学校では、英語を母国語としない生徒に特化した学校独自の教育カリキュラムのもと、生徒の英語レベルに沿ってクラス分けを行って授業を行います。講師は、英語教授法の資格・学位を持っていたりIELTSといった英語試験の試験官の経験があったりなど、英語を勉強する人のことや英語を教えることに長けている方々です。

シドニーの語学学校では1クラス、おそよ平均12-15人にて構成されています。少数制のクラスの為、クラスの先生が生徒ひとりひとりの状況や英語の上達具合を把握できるようになっています。語学学校の講師は、英語力向上において一番の強い味方であり、頼りがいのある存在となることでしょう。

さまざまな英語コースの提供

シドニーは語学学校数が非常に多いため、留学生の多様な留学目的やニーズに応えられるだけの豊富なプログラム・コースがあります。以下は、コースの一例です。

一般英語コース(General English)
読む・書く・聞く・話すの4要素を総合的に学ぶコースです。
ビジネス英語コース
オフィス内でのミーティングや顧客とのネール・電話・交渉、プレゼンテーションの方法などビジネスの場面で必要になる英会話表現を集中的に学べるコースです。
英語試験対策コース
IELTS、ケンブリッジ検定、TOEIC等のの試験対策コースです。
進学英語コース
授業の聴講方法、ノートの取り方、レポートや課題の作成方法、専門用語など、オーストラリアの専門学校や大学で勉強する際に必要なスキルを集中的に学ぶ進学対策コースです。
English Plusコース
英語のクラス+アクティビィティ(チャイルドケア・サーフィン・ゴルフ・ダイビング等)のセットコースです。
ワーキングホリデーコース
オーストラリアの生活に必要な英語を学ぶ短期間のコースです。

誰でも受講できる学校のシステム

シドニーの多くの語学学校は、毎週月曜日に生徒の受け入れを行っています(祝日を除く)。また、学校によっては1-2週間という短期留学あっても受け入れていますので、日本の主婦や学生、社会人であっても長期休暇などを利用して留学することが可能です。

また、オーストラリアの語学学校は学生の英語レベル別にクラス分けが行われています。多くの学校では、以下のような6段階のレベルでクラスが設定されています。

Level① Beginner (初心者)

Level② Elementary (初級)

Level③ Pre-Intermediate (準中級)
※日本人留学生はこのレベルからスタートする方が多いです

Level④ Intermediate (中級)

Level⑤ Upper-Intermediate (中上級)

Level⑥ Advance (上級)

これにより、英語が全くの初級レベルの方から大学進学が出来るアドバンスレベルの方まで、自分に合った環境で学習できるシステムになっています。自分と同レベルのクラスメートと切磋琢磨しながら学習できる環境は、英語の効果的・効率的な学習に欠かせない重要な要素です。オーストラリアの語学学校では、入学初日にレベル分けテストを行って、各々のレベルを正確に評価し、最も効果的であると考えられるクラスに振り分けます。

選択できる時間割

日中クラスと夜間クラス

時計
語学学校の中には、朝から学習がスタートするモーニングクラス(日中クラス)と、夕方からスタートするイブニングクラス(夜間クラス)の2つの時間割を用意しているところがあります。モーニングクラスにおいては、学校で提供されているほとんどのコースが開講されており、イブニングクラスでは一般英語やIELTSコースなどのメジャーなコースのみが開講されているのが一般的です。夜間クラスは日中アルバイトをしたい方に人気で、勉強と仕事を両立させることができます。



日中クラス時間割サンプル
時間
09:00-10:20 先週の復習 文法 文法 今週の復習
10:30-11:50 ボキャブラリー 文法 文の構成 テスト
12:30-13:40 リスニング
リーディング
日常の文法 スピーキング 文法
ボキャブラリー
13:50-15:00 実践英語 リーディング
リスニング
ライティング 歌、映画、オンライン教材で
英語学習
15:00-16:00 会話クラブ 会話クラブ 会話クラブ ヘルプクラブ
※参考:Greenwich English College
夜間クラス時間割サンプル
時間
15:00-16:00 会話クラブ 会話クラブ 会話クラブ ヘルプクラブ
16:30-17:30 先週の復習 文法 文法 文法
ボキャブラリー
今週の復習
17:30-18:30 ボキャブラリー 文法 文の構成 リスニング テスト
19:00-20:00 リスニング
リーディング
日常の文法 スピーキング ライティング 選択
20:00-21:00 実践英語 リーディング
リスニング
ライティング スピーキング 選択
※参考:Greenwich English College

フルタイムとパートタイム

また、オーストラリアの語学学校では「フルタイム」と「パートタイム」という2種類のスケジュールから選択することも出来ます。

フルタイム
授業は週20時間以上。
月~金曜日の週5日間(学校によっては、金曜日の出席を選択制としている場合もあります)、1日5時間程度の時間割が一般的です。

※政府認定のCRICOSコードを持つ学校では、フルタイムを履修される方のみが学生ビザの取得が可能です。学生ビザでは週20時間までのアルバイトが認められます。これを利用され、日中はアルバイトをして夕方から授業へ、もしくは午前中に学校へ行って授業後にアルバイトをするなど、勉強と仕事の両立が可能です。英語力に加えて、オーストラリアでの社会経験を得るのもよい機会であるでしょう。
パートタイム
授業は週20時間未満、授業は午前のみ、もしくは午後のみです。

※学生ビザの方は、パートタイムでの受講は出来ません。ワーキングホリデイビザ、および観光ビザの方はパートタイムを選択できます。

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン