フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間(日本時間)/
10:00~20:00
10:00~19:00
02-9029-1448 受付時間(シドニー時間)/
10:00~18:00
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのtwitter
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのfacebook
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのインスタグラム
  • オーストラリア留学ならシドニー留学センターのLINE

オーストラリアの留学費用、あなたの場合はいくら?‐留学準備‐How much do you need in Australia? -Preparation-

コイン
留学しようと決めた際、まず問題になるのは費用面です。 日本と比較して、比較的物価が高いと言われているオーストラリア・シドニー。それでは、実際に留学する場合の学費や留学準備費はいくらほどになるのでしょうか?
こちらのページでは、留学準備にかかる費用を細かく紹介・シミュレーションしていきます。 現地で生活する際に必要な費用をシミュレーションしたい方は現地生活編のシミュレーションをご覧ください。
前提条件
●シドニーの語学学校に通学
●$1=約87円換算
就学期間は
ビザと滞在期間は
※5カ月以上就学する方は必ず「学生ビザ:就学期間 + 1~2カ月」をお選びください

 

留学エージェント費用

Books and woman
まずは留学準備を手伝ってくれる留学エージェントを決める必要があります。 留学エージェントの種類は様々です。無料のところ、有料のところ、個人のニーズに合わせてサービス選べるところ、サービスがパッケージになっているところなど。個人の予算と必要なサービスから、適切なエージェントを選びましょう。
無料のエージェント:基本0円 ※サービスの内容によっては費用が発生します
有料のエージェント:約100000円
エージェントは使わない:0円
シドニー留学センターは、語学学校の紹介、見積もり、申し込みなどを無料で行っています。
詳しいサービス内容はシドニー留学センターのサポート内容をご覧ください。
お問い合わせは無料メール相談にて承っております。

語学学校費用

試験風景
語学学校の授業料は、学校や受講するコースによって変わります。また、多くの学校が割引キャンペーンを行っており、長い期間申し込むほどお得になる場合もあります。 シドニーの語学学校の場合、平均的な一週間の授業料は約$340なので、1カ月では約$1360(約120000円)となります。また、授業料以外に入学金や教材費、ケンブリッジなどのテストを受ける際は受験費用などがかかります。
語学学校に通う費用:月約$1360(約120000円) × 就学期間

シドニー留学センターでは、お客様のニーズに合わせた学校のご紹介、お見積りを行っています。お気軽にお問い合わせください。
学校に関するお問い合わせは無料メール相談にて承っております。
費用のお見積りに関しては無料見積もりにて承っております。

ビザ費用

ビザイメージ
オーストラリアに滞在するためには、必ずビザが必要となります。 学生ビザの場合は学校に通っている期間+1~2カ月間の滞在が可能で、就学期間に制限はありません。 ワーキングホリデービザの場合は最長1年間の滞在が可能で、最長就学期間は4カ月(17週間)です。
観光ビザ(ETAS)の場合は最長3カ月の滞在が可能となり、最長就学期間も3カ月(12週間)となっています。

※ビザを変更したい際は、前提条件のビザと滞在期間を変更してください

OSHC費用

薬
オーストラリアに学生ビザで留学に来る方は、OSHCというオーストラリアが定めた保険会社の留学生健康保険に加入することが義務付けられています。OSHCは学生ビザが失効するまで(学校卒業の1~2か月後)の期間をカバーしてくれます。保険会社によって値段は異なりますが、相場は1カ月$50程(約4400円)となります。 ※就学期間が10カ月以上、且つコース修了が11月または12月になる場合、翌年の3月15にまでが保険の対象期間となります。
OSHC費用(学生ビザのみ):約$50(約4400円 )× (学校に通う期間 + 1~2カ月)
※就学期間が10カ月未満の場合には、コース修了後 + 1か月
※就学期間が10カ月以上の場合には、コース修了後 + 2か月

海外旅行保険費用

医師と看護師
学生ビザで渡航する方はOSHCに加入するため、最低限の医療はキャッシュレスで受けることが出来ます。しかし、OSHCには携行品損害補償や不動産損害補償などが含まれていません。そのため、OSHCに加入している方であっても、日本の海外旅行保険に加入しておくと安心です。 一方、学生ビザ以外のビザで学校に通われる方は、OSHC加入の対象となっていないので必ず自分で保険に加入する必要があります。 海外旅行保険の相場は、1カ月約20000円となっています。
海外旅行保険に加入:約20000円 × 滞在期間
海外旅行保険に加入しない:0円

航空券費用

飛行機
航空券の費用は渡航時期や、一般料金か割引料金かによって大きく変化します。 こちらでは東京の羽田空港からシドニー空港へ行く場合を想定して料金をご紹介します。格安航空券の場合は乗り換えを含むこと多く、費用は往復60000円から80000円程となります。割引などが適用されていない一般航空券の場合は直行便が多く、費用は往復100000円から120000円が相場となります。
格安料金のフライトを利用する:往復約70000円
一般料金のフライトを利用する:往復約110000円

その他準備費用

留学準備イメージ
留学先に何を持っていくかは、個人によって大きく異なる部分です。 新しいバッグがほしい、海外で使えるスマートフォンが必要など、個人の状況によって必要項目をお選びください。 ※値段が固定ではないものに関しては相場の値段でご紹介しています
パスポート
 パスポート
16000円
キャリーケース
 キャリー
約15000円
カメラ
 デジカメ
約35000円
スマホ
 スマホ
約40000円
パソコン
 パソコン
約60000円
タブレット
 タブレット
約50000円
プラグ
 変換プラグ
約1000円
電子辞書
 電子辞書
約25000円
金平糖
 日本土産
約1000円
消耗品

歯ブラシ※洗面用具やシャンプー、筆記用具といった日用品、常備薬、化粧品などの消耗品です
 ほとんど買わない:約5000円
 使い慣れているものは買っていく:約10000円
 身の回りの物をほぼ買っていく:約30000円
 化粧品など高価なものも買っていく:約50000円

荷物郵送費

荷物※日本郵便を利用。場所は東京~シドニー間で、エコノミー航空(SAL)便の利用を想定している金額です(2017年3月現在)
 消耗品などを送る(少量:3kg程度):約5000円
 消耗品、服などを送る(中量:5kg程度):約7300円
 消耗品、服、カバンなどを送る(大量:7kg程度):約9400円

両替用日本円

日本紙幣 ホームステイをする方向け(普通):50000円(約$600)
 ホームステイをする方向け(多め):80000円(約$900)
 シェアハウスをする方向け(普通):100000円(約$1200)
 シェアハウスをする方向け(多め):150000円(約$1700)
※ホームステイ、シェアハウスに関しては目安です。個人の状況に応じて必要金額を選んでください。渡豪後すぐにアルバイトを始める方は普通を、しばらく仕事をなさらない方は多めを選択してください

留学準備費用合計

電卓いかがでしたでしょうか?以上が留学準備に必要となる費用のご紹介でした。
それでは、以下のボタンを押して合計費用を算出してみてください。金額はすべて日本円に換算されて計算されます。
 

 オーストラリア留学
ご相談はこちら

10:00~20:00 
10:00~19:00
メール受付は24時間対応

02-9029-144802-9029-1448

10:00~18:00

シドニー留学センターが
選ばれる10の理由

  • merit1

    頼れる
    現地オフィス

  • merit2

    手数料無料

  • merit3

    無料
    英会話レッスン