観光(訪問)ビザ

観光(訪問)ビザとは?

r692751_5234490現在、日本国パスポートを所持する日本人が観光目的で短期で外国を訪問する際、多くの国ではビザの取得は免除されています。
しかし、そんな日本人でもオーストラリアへの入国には、観光目的の短期滞在であっても、ビザの取得が必要です。
オーストラリアの観光(訪問)ビザといっても、大使館や領事館に出向いたり、パスポートを送ってスタンプやシールを貼ってもらったりする必要はありません。
3か月以内の滞在であれば、Electronic Travel Authority(subclass 601)、通称【ETA】と呼ばれる、簡単な手続で取得できる電子ビザを取得すれば問題ありません。

オーストラリアへの短期留学や旅行、またはご家族がオーストラリアへ訪問するなどが決まったら、オーストラリア観光(訪問)ビザを手配するようにしましょう。

※「ETAS」(イータス)という名称もありますが、同じものになります。
Electronic Travel Authority Systemの略称になります。

ビザの申請条件

項目
条件内容
対象国籍
日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、マレーシア
香港特別行政区、ブルネイ
訪問目的
観光、親族訪問、ビジネスミーティング、会議/展示会または高度な技能を必要とする短期間のプロジェクト、もしくはイベント従事者
期間
3か月以内の滞在
就学 3か月以内の就学が可能
就労 就労は不可
その他
健康であり犯罪歴がない
上記以外の方、例えば3ヶ月を超えて滞在する予定、オーストラリア国内での就労が目的、犯罪歴がある、という方はオーストラリア大使/領事館で別のビザを申請する必要があります。

ビザの申請方法と費用

申請方法は航空会社では取得サービスは行っておりませんので、基本的にご自身で取得をされるか、旅行会社、ビザ申請代行会社に依頼するかのどれかになります。
また費用についてはそれぞれ異なりますので、予めご確認下さい。

在日オーストラリア大使館:観光・短期商用訪問ビザ情報
オーストラリア政府移民局:ETAオンライン申請

申請に必要なもの

観光(訪問)ビザを申請する際には、有効なパスポート情報が必要になります。
また、オーストラリア政府移民局のページからETA申請を行う場合は、Eメールアドレス、クレジットカードが必要になります。

よくある問い合わせ

パスポートには何かシールかスタンプなどが貼られるのでしょうか?
オーストラリアの観光(訪問)ビザ/ETAでの申請ではパスポートへのシールやスタンプというものはありません。
ETAは電子ビザであるため、自動的にオーストラリア移民局のホストコンピューターに登録されます。
もしご不安であれば、申請完了後に届くメールに記載があるETA承認番号を控えて入国することをお勧めします。
申請後に何か書類が送られてくるのでしょうか?
オーストラリア政府移民局のページからETA申請を行った場合、確認と料金の領収書のメール以外は、特に何も送られてきません。
また出入国時は移民局のホストコンピューターにパスポート情報がインプットされているので、入国審査官はオンライン上でパスポートと情報を照合しています。
きちんと申請をして、承認番号を取得すれば、基本的に特に何か聞かれたり、調べられたりすることはありません。
オーストラリアへ短期留学する場合、
学生ビザを申請しなければなりませんか?
またその間アルバイトなどをすることはできますか?
3か月以内の短期留学の場合は学生ビザを申請する必要はありません。
しかし観光(訪問)ビザではアルバイトなど、働くことはできません。
3か月を超える就学の場合は学生ビザを申請する必要があります。
学生ビザの場合は決められた時間内での就労が可能です。
詳しくはこちらをご参照下さい。

シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.