WWOOFを参加してみよう!


WWOOFを参加するメリット

★ 食事と宿を無料で提供してもらえます。 
★ ホストの家族と仲良くなり、オーストラリアに第ニの家族が
    できるかもしれません。
★ ネイティブスピーカーの環境で一日中過ごし、英語力がアッ
    プします。 
★ オーストラリアの田舎の土地を存分に体験できます。
学生ビザでも体験できます。
★ ホストによってはセカンドワーキングホリデービザを取得で
    き休日もカウントされるので、ビザが切れそうな場合に助か
    ります。

実際に仕事をする時に必要なもの・あれば便利なもの

長ズボン 長袖シャツ 長靴
帽子 サングラス 軍手
日焼け止め 音楽用イヤホン タオル
携帯ケース又はラップ
(ダストが多い為)
水筒(ペットボトルに
水を凍らすこともオススメ)
虫よけスプレー

WWOOFのホストファミリーへの連絡

ウーフのホストファミリーの探し方について

WWOOF Bookにファームの求人情報が掲載されている以外、バックパッカー、各主要都市にあるインフォーメーションセンターでも情報をもらえます。また、オーストラリア政府の公式ウェブサイトAustralian Job Search Harvest Trailを利用することも一つの手段です。

気に入ったホストファミリーを見つけたら、電話・E-mailにて雇い主(ホスト)に連絡を入れましょう。

電話のマナーについて

特に電話で雇い主と連絡を取る際、電話のマナーについていくつかの注意事項等を覚えておきましょう。

連絡の時間帯: ウーフに参加するホスト先は郊外に住んでいることが多い
    ので、ウーフブックに掲載している連絡を受けられる時間帯に電話を入れ
    ましょう。基本的には夜九時以後に電話することを避けてください。
時差: オーストラリアの州により時差があり、さらに夏時間を実施する州
    と実施しない州もありますので、電話する前にぜひホスト先の時間帯を確認しておいて
    ください。
留守番電話の場合: 必ず明確に自分の用件と連絡先を残してください。英会話に自信が
    ない方なら、E-mail・FAXでの連絡がオススメです。
E-mailで連絡する場合、こちらの例文もしくはWWOOFer Application
     form
を参考にしてください。

WWOOFに参加する注意事項

★ 2012年7月以降、WWOOFの参加者は1日に7~8時間の労働
    (週35~40時間)が必要となります。
★ セカンドワーキングホリデーを目指す方は、必ず仕事を始まる
    前に移民局と仕事先の雇い主がセカンドワーキングホリデーの
    対象になれるかどうかを確認することです。
★ WWOOFの場合は、セカンドワーキングホリデー申請時に必要
    な給料明細などは存在しませんので、雇用主証明:Form 1263
    を確実にもらいましょう。。
★ セカンドワーキングホリデー申請時に提出書類で心配な方は、
    WWOOF先のホストからレター、仕事している写真なども用意
    しておくといいでしょう。
★ 古い情報を入手してしまった場合がよくあるので、労働時間、労働内容、セカンド
    ワーキングホリデービザの申請を適用するのかなどの条件について、随時移民局
    たはウーフの公式ページで確認しましょう!

シドニー留学へのお問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、
寮手配、インターンシップまで
シドニー現地オフィスからあなたをサポート

営業時間:10am〜6pm(SYDNEY時間:月〜金)
日本国内:0120-4192-09 (10am〜8pm, 年中無休)
メール受付は24時間対応

  • シドニー留学センターへのお問い合わせ
  • オンライン学校申込み
  • シドニー留学説明会
  • 割引き情報
  • 英会話レッスン
  • スカイプ、ライン無料カウンセリング
  • 2カ国留学
  • お客様の声
  • 現地情報ブログ
  • 留学保険比較サイト
ムービー一覧を見る>>

Copyright © 2017 シドニー留学センター All Rights Reserved.